« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

『ジュニアリーダートレーニング 海と地球の不思議に出会えるJAMSTEC ~前編~ 』

研究者に会いに行こう!

 

2008年11月21日(金) 晴れ 

ちょっと前の話なのですが11月4日(火)は子どもたちは学校の振替え

休日だったので、第2回ジュニアサイエンスカフェゲストスピーカー

して下さる海洋研究開発機構(JAMSTEC)へ研究者の方へ会いに

行くことにしました!

一緒に行ったのは、ジュニアサイエンスカフェを引っ張ってくれる

ジュニアリーダーの子どもたちです。

今回は(も?)お母さん方が積極的に参加して下さり、総勢18名の

ご一行様となりました♪

皆さん、お仕事をお持ちなので休暇を取っての参加でした。

ありがとうございます。

 

JAMSTEC横須賀本部までの道のりは電車で1時間半。

追浜の駅からはタクシーです。

 

実は今回のサイエンスカフェで私たちからJAMSTECへお願いしたのは

「第2回の準備として、子どもたちからゲストスピーカーの方へ

色々な質問をさせてください」

ということだけだったのですが、せっかくならということで、施設の見学も

させて頂けることになったのです。

ありがとうございました!

 

この日も子どもたちは遠足気分でテンション高めだったのですが

横須賀本部へ着くと大きな船が!

否が応でも気分はさらに盛り上がります。(もちろん大人も!)

 

< 海洋調査船「かいよう」 >

*画像はクリックで拡大できます

08110430

 

 

 

地震観測機器を積み込んでいました。

08110430

 

 

 

 

建物の中の部屋でまずはJAMSTECについての説明を聞き、その後は

なんと「かいよう」に乗船させてもらいました~!

1年のほとんどを海上で過ごす「かいよう」に乗船できるのはとても

ラッキーなことなのだそうです。

もう、大人も子どもも嬉しくって!

08110430_2

 

 

 

 

 

操舵室には望遠鏡や海図が置かれていて”船の上”という

実感が沸いてきます。

子どもたちは順番にキャプテンの椅子に座らせてもらいました。

08110430

 

  

 

「かいよう」は双胴船といって、2つの船体を甲板でつないだような

作りになっており、あまり揺れないので研究するためのよい環境を

作れるのだそうです。

 

「かいよう」見学の後は現役を引退した「しんかい2000」を見に!

 

< しんかい2000 >

081104200030_2

 

 

 

 

説明をして下さったお姉さんが

「コックピットは両手を広げたよりもちょっと広いぐらい・・・」

というと、素直に手を広げる子どもたちです。

「しんかい2000」の前の部分には、色々なものを採取できるようにアーム

が取り付けられています。

外を見るための覗き窓の部分はガラスではなくアクリル樹脂製です。

その理由は、水圧にはガラスが強いけれど、水圧で窓枠が微妙に

変形した時にはひびが入ってしまうからなのだそうです。

状況に応じて色々な材料が使い分けられているのですね。

電源ケーブルも水圧で押しつぶされてしまわないようにオイルの入った

チューブの中に入っていました。

地上では何の苦労もないことが、深海となると様々な知恵がいるものです。

深海を知ることは自分たちの生活している環境を客観的に見るきっかけ

にもなりそうです。

 

ずっとテンションの高かった子どもたちでしたが、この後も深海に関する

展示を見たり、生きている深海生物に会ったり、秘密の!?研究室に

入れてもらったり、さらに研究者の人にもお会いしたりして大満足の

一日となりました。

深海の展示、研究者のお話は後編でお伝えします。

 

すっかり長くなってしまいました・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『NPO法人 センス・オブ・ワンダー ~科学の芽を育てるために~』

NPO法人 センス・オブ・ワンダーより皆様へ

  

新聞の記事などをご覧になってこのブログにお越し下さった皆様

はじめまして。

いつも見て下さっている皆様、私たちの活動に関心をお寄せ

下さりありがとうございます。

埼玉県戸田市に拠点を置く、NPO法人センス・オブ・ワンダー 

の中牟田宴子(なかむた やすこ)です。

 

私たちセンス・オブ・ワンダーは、子どもたちが生まれながらに

持っている『the sense of wonder(神秘さや不思議さに目を

見張る感性)』を持ち続けてもらえるための活動を行い、科学の

面白さ、サイエンスリテラシーの大切さを、多くの子どもたちと

周りの大人たちにお伝えできればと考えています。

 

現在、11名のメンバーと周りのお父さん、お母さんたちとで

活動をしており、年度内に3回のジュニアサイエンスカフェを

開催する予定です。

場所はいずれも戸田市立戸田東小学校の理科室になります。

 

第1回 テーマ:『宇宙から見た地球』

     日 時:10月18日(土)10時~12時

     ゲスト:独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)

         三輪田真様

     *終了いたしました

 

第2回 テーマ:『深~く、暗~い海の底、その奥にある生命の光!!』

     日 時:12月20日(土)10時~12時

     ゲスト:独立行政法人海洋研究開発機構

         山口耕生様

     お問い合わせは sense_of_wonder_2008@yahoo.co.jp まで

 

第3回 2月の予定です。

     詳細は未定ですが、樹や植物などについて、地球規模での

     お話が聞ければと考えてます。

 

私たちの活動は一つ一つ全てが手作りです。

活動の様子、サイエンスカフェ当日の様子、また裏話などもこちらの

ブログに記録として載せておりますので是非ご覧下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『NPOの登記申請が終わりました!』

日付やら押印やら・・・

 

2008年11月11日(火) 

NPO法人センス・オブワンダーは県からの設立認可待ちの状況だった

のですが、10月23日に無事認可が下りました!

8月に申請をしていたので、かれこれ3ヶ月近くこの日を待っていたことに

なります。

クーラーをつけての設立総会だったのに、もう肌寒いのですからね・・・

認可が下りたその後は、法務局登記の申請をしなくてはいけません。

しかも二週間以内に!

印鑑を作ったり、書類を準備したり、それはそれは忙しいのです。

 

まず、法務局へ行って申請の書類をもらい、手順を説明してもらいます。

大慌てで印鑑を作り、申請に必要な書類を準備します。

ほとんどは、県に設立申請をした時に提出した書類のコピーで

済むのですが、いくつかは自分で作らなくてはいけません。

法務局でもらえるのは見本(もちろん紙!)だけ。

 

きっと、申請する人たちは毎度毎度同じような文書を入力してるんです。

雛形があったらどんなに便利だろう・・・と思わずにはいられません。

 

そして、今日は一度目の申請書類提出の日でした。

きっと何か不備があってつきかえされるんだろうな~と思いきや、初回に

して登記申請は無事受け付けて頂きました!

 

役に立ったのはこんな本でしたよ↓

改訂版 NPO法人設立・申請完全マニュアル Book 改訂版 NPO法人設立・申請完全マニュアル

著者:福島 達也
販売元:Jリサーチ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

 

サンプルが載っていてとても分かりやすいのです。 

そしてこういう書類関係で面倒なのなものの一つが日付です。

「一体いつの日付を書いたらいいの?」

ということも出てきます。

そんな時は法務局へ電話をして聞いてもいいし、私の場合は日付だけは

書かずに申請に持って行きました。

聞きながら書けば間違うこともありませんよね。

そしてもう一つが押印

「個人の印鑑なの? それともNPOのなの?」

と迷うところもあります。

なのでこれも申請に行った時に聞きながら押しました。

 

きっとそれが良かったのですよね。

とにかく無事に登記の申請が終わってほっとしています。

 

先週はジュニアサイエンスカフェジュニアリーダートレーニング

海洋研究開発機構(JAMSTEC)へ行って来ました。

楽しかったその様子はまた記事にしたいと思います。

 

とにかく今日は良かったです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »