« 『ジュニアサイエンスカフェ 研究者の話と現実がつながる時』 | トップページ | 『大学の知と小学校、中学校をつなぐために』 »

『第3回ジュニアサイエンスカフェ in 戸田 開催しました!』

身近なものにも科学がいっぱい

2009年2月23日(水) 雨

  

2月21日に、私たちNPO法人センス・オブ・ワンダーが開催する

今年度最後のジュニアサイエンスカフェが終了しました。

今回も大変な賑わいで楽しいカフェとなり、スタッフ一同大変喜んで

おります。

 

今回のサイエンスカフェはテーマを「植物」、その中でも戸田市の花

である「サクラソウ」としました。

これまでのテーマは第一回「宇宙」、第二回「深海」という割と派手な

ものだったのですが、今回は一見地味に見えるけれども大変身近で

大切なものをテーマとして取り上げました。

とは言え人工的な強い刺激に慣れている子どもたちが、このテーマに

どのくらいのってくれるのか、私たちスタッフは心配だったのも事実です。

ところが私たちの心配はよそに、子どもたちはゲストスピーカー

大窪先生のお話を興味深く聞き、楽しんで帰ってくれました。

 

先生のお話は、戸田の歴史、荒川のお話サクラソウのお花見

していたという戸田ヶ原の話へと続きます。

 

< 絵で見るサクラソウのお花見 >

*画像はクリックで拡大できます

09022130

 

  

 

 

 

< 話を聞く子どもたち >

090221g30

 

 

 

大窪先生は戸田市の花であるサクラソウを取り上げ、サクラソウが生きて

いくためには、湿った土や、適当な時期に影を作ってくれる木々、そして

受粉のためのマルハナバチ、そのマルハナバチの巣になるネズミの古巣

マルハナバチのエサとなる豊富な草花などなど、様々なものの関わり合いが

必要だということを話して下さいました。

そしてそんな環境がかつての荒川河川敷にはあったのです。

 

先生のお話を聞いた後は、サクラソウが自生する公園をグループ毎に

設計してみましたよ。

分からないことは大窪先生に聞きながら、皆さんてきぱきと作業を進めて

いらっしゃいました。

 

< 大窪先生と子どもたち >

09022130_2

 

 

 

< 大窪先生とお父さんお母さん >

09022130_3

 

 

 

 

そして出来上がった資料を見ながらそれぞれのグループが

発表を行います。

 

皆さんが考えて下さったサクラソウの公園は、それぞれユニークで

素晴らしいものばかりでした。

 

< 浮島に自生するサクラソウの公園 >

09022130_4

 

 

 

 

 

< 土を傷めないようロープウェイで眺める公園 >

09022130_5

 

 

 

 

 

< 光が当たる透明な橋がかかる公園 >

09022130_6

 

 

 

 

< 花と虫と動物が一緒に住む公園 >

09022130_7

 

 

 

 

 

今は割とまっすぐに流れている荒川

堤防で守られている私たちの町も、かつでは暴れ川だった荒川を

治めることに苦労していたのだそうです。

治水と共に安全は得られたけれども、私たちは多くの自然を失いました。

でも大窪先生は

「最近は環境問題で人間が悪者になってしまうけど、堤防を作り

人が住めるようになることは良いことなのです。

後は人と自然とのバランスを考えることが大切ですよね。」

とおっしゃっていました。

物事には一方的に「良い」「悪い」はないのですね。

 

終了後に書いて頂いたアンケートでは、多くの子どもたちが

「また参加したい」

と答えてくれました。

お父さん、お母さんの感想には

「自然と人間の共生を身近に感じることができました」

「戸田の歴史、生物の関わりを知って人間もその延長に生きていると

考えられました。これからは視点を変え見て行きたいと思います」

「戸田のことが前よりももっと大好きになりました」

 

というものがありました。

身近なものを大窪先生と一緒に見ることで、周りの現象を科学的に見る

科学者の視点や姿勢を、皆さんが直接感じて下さっていたら嬉しいです。

 

さて、私たちスタッフはこれから来年度の事業計画案を作ります、

さらにパワーアップして、戸田市を中心に「科学って楽しい!」

と思って頂ける情報を発信し続けたいと思っています。

 

写真家酒井徹也さんが撮って下さった素敵な写真が届きましたら

 またこちらにアップしたいと思います。

 

 

 

 

|

« 『ジュニアサイエンスカフェ 研究者の話と現実がつながる時』 | トップページ | 『大学の知と小学校、中学校をつなぐために』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

皆さんの豊かな発想がおもしろかったですね。
第3回目ということもあり、発表するのも皆さん少し慣れてきたようですね。

3月2日 ご担当の方へ画像データをお送りしましたのでよろしくお願いします。

投稿: 酒井徹也 | 2009年3月 3日 (火) 03時27分

★酒井徹也さん★
いつも素敵な写真をありがとうございます。
写真データは東大で受け取りました!
(直接受け取っても同じでしたね・・・)
東大での撮影もお疲れ様でした。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: yasuko | 2009年3月 8日 (日) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/28316230

この記事へのトラックバック一覧です: 『第3回ジュニアサイエンスカフェ in 戸田 開催しました!』:

» 【サイエンスカフェレポート】第3回ジュニアサイエンスカフェ in 戸田(2/21) [Science and Communication]
宇宙とか,深海ねたでなくても,興味をもって参加されている様子が伺える. ここ [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 19時38分

« 『ジュニアサイエンスカフェ 研究者の話と現実がつながる時』 | トップページ | 『大学の知と小学校、中学校をつなぐために』 »