« 『第3回ジュニアサイエンスカフェ in 戸田』 | トップページ | 『ジュニアリーダートレーニング 土の中で眠るサクラソウ』 »

『サイエンスカフェ これからの可能性』

Cafe de Educateur ~教育者のカフェ~

2009年2月10日(火) 

  

私たちのNPOでは、来年度はサイエンス”カフェに留まらず、様々な

形のCafe(リラックスして一緒に話をする機会)を企画したいと考えて

います。

10年ほど前にイギリスで始まったと言われるサイエンスカフェは、

もともとは狂牛病問題が起こった時に一般市民が「直接専門家に

聞きたいことを聞こう!」と考えて始まったものでした。

そして私たちのサイエンスカフェの出発点もそこにありました。

そういう気持ちに戻って周りを見渡してみると、

「専門家に直接聞いてみたい!」

と思うことはたくさんあるものです。

 

例えば教育の話。

私たちの住む地域では、中学受験が盛んです。

都内ほどではないにしても、受験塾に通っている子どもたちは

たくさんいます。

積極的な中学受験は、それぞれのご家庭の方針として良い

ですよね。

でも、中学受験を選ぶご家庭の中には

「地域の公立中学校の評判が悪いから」

というように消去法で中学受験を選択することがあるのも現状です。

そして”評判の悪さ”の源は、人の噂であることがほとんどのようです。

もちろん、火のない所に煙は立たないでしょうから、きっと今の公立中学は

良くはないのでしょう。

でも、

どの程度なのでしょうか?

校長先生の方針は?

今はどの方向へ向いて進んでいるのでしょう?

そういうことを誰も直接確かめた人がいなかったのです。

 

そのような経緯から私たちは『Cafe de Educateur ~教育者のカフェ~』

を開催することにしました。

今回はトライアルでしたので、ゲストスピーカーも入れて7人という少人数の

Cafeでした。

ゲストスピーカーとしてお呼びしたのは、噂の!?中学校の校長先生です。

事前に学校へお伺いして今回の企画の趣旨をご説明したところ、賛同して

下さり快く参加して頂けることになりました。

 

実はそのCafe、昨日開催したばかりです。

参加したのは5年生の子どもを持つお母さん達でした。

中学に関する良くない噂を色々と耳にしているお母さん達が、帰りには少

しホッとした表情になっていたのが印象的でした。

そしてさらに、学校の改革を進めようとしていらっしゃる校長先生に

協力しようという雰囲気までも感じられました。

  

どういう選択をするとしても、情報を自分で直接確かめるということは

とても大切なことです。

私たちの企画するCafeは知的欲求を満たす場であるだけでなく、情報

について直接確かめる場でもある、というサイエンスカフェの原点に返った

企画となりました。

 

校長先生からお伺いした興味深いお話も次回ご紹介できればと思います。

開催して良かったです!

 

|

« 『第3回ジュニアサイエンスカフェ in 戸田』 | トップページ | 『ジュニアリーダートレーニング 土の中で眠るサクラソウ』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/27937375

この記事へのトラックバック一覧です: 『サイエンスカフェ これからの可能性』:

« 『第3回ジュニアサイエンスカフェ in 戸田』 | トップページ | 『ジュニアリーダートレーニング 土の中で眠るサクラソウ』 »