« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

『ジュニアサイエンスカフェ なぜ?ということを順序立てて考える』

正解とか不正解よりもまず諦めずに考える!

2009年5月30日(土) 雨のちくもり   

 

サイエンスカフェは無事に終了しました。

今回のジュニアサイエンスカフェはお昼を挟んだ初めての1日コース

だったこと、参加者が過去最多だったこと、インフルエンザ感染域拡大

などなど、開催前には心配事が絶えませんでした。

でもNPOのスタッフ、戸田東小学校の保護者の方々、そして参加者の

皆様のご協力があり、今回も無事に盛会のうちに終了することが

できました。

ありがとうございます。

 

サイエンスカフェの様子はまたご報告させて頂きますが、今日の

サイエンスカフェで巽好幸プログラムディレクターが子どもたちに

伝えて下さったいくつかのメッセージのうち、私が一番印象に

残ったことをご紹介します。

それは繰り返し子どもたちに話して下さった、

「なぜ?と思ったことを整理すること。そして、筋道を立てて

証拠を基にじっくりと考えること。」

です。

「諦めてはいけない。」

と。

そしてこういう姿勢は科学者にならなくても、大人になってからの

生き方に大きな差がつくのだと子どもたちに伝えて下さいました。

小学校4年生~6年生の子どもたちがどこまで巽PDの言葉を

受け取ってくれてたのか分かりませんが、帰宅後に、こうき

(長男 6年生)が

「正解が一つのものを考えるのは簡単だけど、今日みたいに

 正解がはっきり分からないもの(いくつかの可能性の中の

 一つという意味)を考えるのは難しいよね。」

と感想を話してくれました。

いつもは

「楽しかった!」

としか感想を言ってくれないのですが、今回はまた何か思う

ところがあったのでしょう。

 

たくさんの石のできかたや名前が出てきましたが、名前を覚えること

以上に大切なことを子どもたちは学んだ気がします。

そしてゲストスピーカーの巽PDも、きっとそういう思いで今回の

サイエンスカフェの構成を考えて下さったのだと思います。

 

今日の様子は近々写真付きで公開しますので、もう少しお待ち

下さいね! 

とにかく無事に終わって良かったです。

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

『サイエンスカフェの前にJAMSTEC満喫です!』

海洋研究開発機構(JAMSTEC)一般公開に

行ってきました!

2009年5月24日(日) 晴れ

   

ご報告が遅くなりました!

5月16日(土)はJAMSTEC横須賀本部一般公開が行われました。

私たちは戸田市から車で出かけてきました。

1時間半のドライブの後車を降りると、ふんわりと潮の香りを感じます。

駐車場はたくさんはありませんが、9時30分の開始時間に間に合うように

行けば、近くのNISSANの敷地内の駐車場を借りることができます。

 

まず私たちは入場してすぐに受付でパンフレットとJAMSTECオリジナルの

ペンを受け取りました。

眠そうにしていた子どもたちもこれで一気に目が覚めました!

 

< JAMSTECのシャーペン >

090523

 

 

 

 

 

 

私たちが着いたのは9時45分でしたが、もうすでにたくさんの人で

賑わっていました。

皆さんはやいっ!

 

私たちは、すぐに満員になってしまうという噂の『ラボツアー』の申し込み

してすぐにツアーに出発。

私たちが参加したのは、微生物の不思議がわかる『酵母風船』という

タイトルの実験体験ツアーでした。

 

ドライイーストと砂糖、水を混ぜたものを風船に入れておくと、微生物が

二酸化炭素とアルコールを作って、風船がだんだんと膨らんでくる

んですよ。

JAMSTECでは深海の微生物を調べて、微生物の力で何か人間の役に

立つものはないかということを研究しているのだそうです。

 

< 膨らんだ風船 > 

090516_18130001

 

 

 

 

 

 

 

あちこちの会場で色んなイベントが開催されていたのですが、スタンプ

ラリーの順序で回ると無駄なく回りやすいようでした。

 

ところどころに展示と合わせてクイズコーナーあり、お土産がもらえる

とあって、皆さん張り切ってクイズに挑んでいました。

私たちも全問正解でオリジナルクリアファイルを頂きました♪

 

< 地球に関するクイズコーナー >

090516_12260001

 

 

 

 

 

 

とにかくあちこちで色んなお土産を頂いて、子どもたちも大満足でした。

 

私はというと、サイエンスカフェにも参加してきました。

丸テーブルが置かれた会場では飲み物がサービスされ、カフェの進行に

合わせて会場はリラックスした雰囲気に包まれていきました。

私は初めて「参加者」としてサイエンスカフェに関わったのですが、

サイエンスカフェはいいですね~

最先端の研究がとても近く感じられます。

北極での堆積コアを採取した話ということで、私にとっては全くの非日常

の話だったのですが、調査船での話を聞いたりムービーを見ているうちに

とても身近に感じられるようになりました。

 

たくさん歩いて帰りはくたくたでしたが、とても楽しい一日でした。

そしていよいよ来週末はJAMSTECの巽好幸プログラムディレクター

お迎えして、私たちのサイエンスカフェです。

準備している私たちもとても楽しみにしています!

 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ジュニアサイエンスカフェ おかげさまで満員です』

たくさんのご応募ありがとうございました

2009年5月22日(金) 晴れ

   

5月30日(土)開催のジュニアサイエンスカフェ、『地球の記憶を堀りおこせ!』

は予定通り18日(月)17時をもちましてお申込みを締め切らせて頂きました。

今回は定員60名に対して77名の応募を頂きました。

定員オーバーなのですが、抽選はせず、なんとか皆様に参加して頂けるよう

あれこれ考えているところです。

 

昨年の10月に第1回目を開催したジュニアサイエンスカフェですが、

「応募がどのくらいくるんだろう?」

とスタッフ一同ドキドキしながらハガキを待ちました。

回を重ねる毎に少しずつ進化してきているジュニアサイエンスカフェですが、

戸田市内でも徐々に「サイエンスカフェ」という言葉が馴染んできているように

感じています。

そして気づけば定員を上回るお申し込み!

これからも地域と一体となって益々盛り上げていきたいと思っています。

 

ところで、今回のサイエンスカフェは”石”がテーマなわけですが、

当日は私たちが準備した荒川上流、秩父の長瀞付近の石を実際に

観察する予定です。

 

< 長瀞の河原の石たち >

*画像はクリックで拡大できます

090515

 

 

 

 

 

 

 

この石たちからどんなことが分かるのでしょう?

昨日、海洋研究開発機構(JAMSTEC)巽好幸PDから当日使う資料が

届きました。

場所も時間もスケールが大きくて、ワクワクするような内容になっています。

こんな資料を基に巽PDの話が聞けるジュニアサイエンスカフェの参加者は

贅沢かもしれませんよ!

参加される方、楽しみにしていて下さい。

見学も歓迎です(お申し込みは不要です)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ジュニアサイエンスカフェ メール申込み受付け開始です』

申し込みは5月18日17時までです

2009年5月11日(月) 晴れ

   

5月30日(土)開催のジュニアサイエンスカフェ、『地球の記憶を堀りおこせ!』

では現在申し込みのメール受付けを行っております。

第3回までは往復ハガキのみのお申し込みでしたが、申込む側からすると

結構手間がかかる方法ですので、なるべく手軽に申し込んでもらいたい!

という思いから、メール申込みの受付けを開始しました。

その結果、今までに比べて申込みの数が随分増えています!

 

今回は抽選になるかも・・・とスタッフ一同ドキドキしながら受付けを

しています。

せっかくご縁があった方たちには皆さん来て頂きたいのですけど・・・

 

とはいえ、今のところはまだ空きがあります。

石好きな方、石から一体何が分かるの?と思っている方、巽PDに

会って話を聞いてみたいという方、皆様のお申込みをお待ちして

おります!

 

お申し込みはこちら↓

http://sense-of-wonder-2008.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/in-30d6.html

 

そして今回お招きする巽PDが所属される海洋研究開発機構では

5月16日(土)に年に一度の横須賀本部一般公開を行います。

研究室ツアーがあったり、スタンプラリーでお土産をもらったり

深海地球の不思議に触れたりと楽しい公開日です。

こちらも是非お出かけ下さいね。

詳しくはこちらです↓

海洋研究開発機構(JAMSTEC)

http://www.jamstec.go.jp/j/

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »