« 『いよいよ本番! 戸田市サイエンスフェスティバル』 | トップページ | 『戸田市サイエンスフェスティバル 来年へ向けて』 »

『戸田市サイエンスフェスティバル2009 ご報告』

戸田市に広がるセンス・オブ・ワンダー

2009年7月28日(火) 

 

終わりました~!

戸田市サイエンスフェスティバル2009。

まずは、とにかく無事に終了できて良かったです。

一緒に準備を進めてきた皆様、講師の先生方、そして参加下さった

たくさんの皆様、本当にありがとうございました。 

予想はしていたものの、1000人とは本当にすごい数でした!

 

< 会場(芦原小学校2階)の様子 >

*画像はクリックで拡大できます

09072750_2

 

 

 

 

ただでさえ多くの人であふれ返る会場でしたが、各ブースの整理券を

待って並んで下さる方々もいらっしゃって、とにかくどこも人ばかり。

きっと窮屈な思いをした方も多いのだと思います。

来年も開催するのであれば策を練らないといけません!

でも帰る方々の顔を出口でみていると、皆さんにこにこと挨拶をして下さり

少しほっとしました。

 

さて、NPOで企画運営をした杉原厚幸先生のブース。

毎回満席で子どもたちは真剣なまなざし!

 

< 無限階段の立体錯視を説明する杉原先生 >

09072750_3

 

 

 

ブースの外には、立体錯視の模型を展示しました。

写真は開場前に撮ったので人はいないですね~

この後は大変なことになりました・・・

 

< 立体錯視の模型 >

09072750_5

 

 

 

 

不思議な立体に興味津々の子どもたち。

大人も思わず足を止めていましたよ。

ここでは錯視を研究する方法を学ぶことができました。

 

さて、内田麻理香さんのブース。

ポップコーンを作りながらの実験とあって、低学年の子どもたちにも

分かりやすいと大人気!

初回から立ち見となりました。

 

< 内田麻理香さんのブース(初回) >

09072750_6

 

 

 

 

でも、8時半から準備を手伝ったNPOのジュニアリーダーの子どもたちは、

特権としてリハーサルに参加したので、事前にゆったりと麻理香先生の

講義を受けたのでした。

朝から頑張ったからこれくらいはね!

 

< リハーサルの様子 >

09072750_7

 

 

 

 

杉原先生も、麻理香さんも、3回の予定だった講義を、人の多さの

あまり4回に増やして下さり、きっとお疲れだったに違いありません。

それでも終始にこやかなお二人には本当に頭が下がります。

 

< 最後までにこやかな麻理香さん >

09072750_8

 

 

 

 

他のブースでも様々な実験があったり、体験コーナーがあったり

どこもにぎわっていました。

それぞれのブースに参加した子どもたちやお父さん、お母さんが

「家に帰ってやってみようよ!」

と話している声をきくと、このイベントを準備した甲斐があったな~と

しみじみ感じました。

 

今回のサイエンスフェスティバルには、「研究者に研究を教えてもらおう!」

いう趣旨もありました。

麻理香さんの講義の中でお話を聞いていると

「失敗から大発見があるかもしれない。」

「予想と違っても失敗じゃない。なぜか考えてみよう。」

ということを繰り返し子どもたちに伝えて下さっていました。

きっと子どもたちは「研究とは何か」ということを感じて帰ったのだと思い

ます。

 

このようになんとか無事に終了することができました。

参加した子どもたち、お父さんお母さんは、きっと身の周りの現象に

センス・オブ・ワンダー感じて下さったことでしょう。

これからの戸田市がとても楽しみです。

 

|

« 『いよいよ本番! 戸田市サイエンスフェスティバル』 | トップページ | 『戸田市サイエンスフェスティバル 来年へ向けて』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

皆さん、とっても楽しそうで、やっぱり私もいけばよかったなぁ。

残念。残念。。。

投稿: 酒井徹也 | 2009年8月 4日 (火) 03時39分

★酒井さん★
11月に開催予定のジュニアサイエンスカフェは
日程が合うといいですね。
酒井さんの写真素敵ですもの!

投稿: yasuko | 2009年8月23日 (日) 01時14分

8月8日お腹の結石が原因で初救急車で病院へ入院しました。
8月17日退院して、今は自宅でボーっとしております。
11月には、完全復活できていると思いますのでよろしくお願いします。

私の写す写真を喜んで頂ける所へは、必ず、飛んで行きたいです。
なぜなら、そこが私の唯一の居場所だと思っています。

嬉しいお言葉、ありがとうございます。

投稿: 酒井徹也 | 2009年8月24日 (月) 19時28分

★酒井さん★
救急車で運ばれて入院だなんて大変なことだったの
ですね。
ご家族もさぞかし心配されたことでしょう。
今はもうだいぶん良くなられているのでしょうか?
まだ残暑も厳しいですし、どうぞご無理をなさない
ように。
11月に元気にお会いできることを楽しみにしています。

投稿: yasuko | 2009年8月28日 (金) 23時34分

暴れたくなるような痛みでしたが、手術したわけではなく点滴で溶解し自然に出す処置でしたので、たいしたことはありません。
ご心配おかけするようなこと書いてごめんなさい。

自分が動けなくなるようになった時、子供の成長を強く感じたり、家族のありがたさがあらためて感じられました。
この時期、私にとって良い経験だったと思います。

体重5キログラムほど軽くなって、完全復活しました。
昔のジーパンが普通にはけるのが嬉しく、洋服を買ったりして、子供みたいにはしゃいだり・・・
自分もまわりも、みんなの笑顔が増えたように思います。

11月、どんな笑顔にお会いできることか楽しみでしょうがありません。
笑顔あふれるセンス・オブ・ワンダーに感謝です。

投稿: 酒井徹也 | 2009年9月 1日 (火) 13時07分

★酒井さん★
大変だったのですね。
でもそういう時にこそ家族とか周りの人たちの温かさ
を感じるのでしょうね。
また子どもたちのあふれんばかりの笑顔の写真を
撮りに来て下さいね。


投稿: yasuko | 2009年9月 5日 (土) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/30725429

この記事へのトラックバック一覧です: 『戸田市サイエンスフェスティバル2009 ご報告』:

« 『いよいよ本番! 戸田市サイエンスフェスティバル』 | トップページ | 『戸田市サイエンスフェスティバル 来年へ向けて』 »