« 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校の連携授業 いよいよ実現します!』 | トップページ | 『ジュニアサイエンスカフェや東京大学(工学系ゼミ)との連携授業の効果測定』 »

『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校連携授業の顔合わせ』

役者はすべて揃いました!

2009年9月14日(月) 

 

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、東京大学(工学系ゼミ)

戸田東小学校が連携して行う科学の授業を企画しています。

日程は11月7日(土)の学校公開日ということに決まり、これからは

関係者で調整をしていくことになります。

 

というわけで、9月7日(月)には、戸田東小学校の校長先生と理科の

先生をお連れして東京大学まで打合せに出かけてきました!

 

< 安田講堂 >

P1050037_2

 

 

 

打合せのメンバーは、東京大学大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻

教授鈴木真二先生工学教育推進機構の機構長でもいらっしゃいます)、

そして東京大学大学院教育学研究科教授三宅なほみ先生大学発教育

支援コンソーシアムの副機構長でもいらっしゃいます)、そして戸田東小学校

校長先生、理科担当の先生センス・オブ・ワンダーから二名の参加でした。

 

打合せでは、まず私たちの方で今回の企画の趣旨と背景を説明しました。

鈴木先生、三宅先生も、大学の知を小学校、中学校へ発信することの大切さ

について大変共感して下さいました。

さらに、鈴木先生からは、第二回目の授業の開催場所を東京大学にしては

どうかとのご提案も頂きました。

三宅先生からは、工学部と教育学部が連携すれば、理想的な科学教育

プログラム開発の体制ができるでしょうと言って頂きました。

また戸田東小学校側からは、現在の子どもたちの様子や傾向についての

お話がありました。

素直で良い子どもたちである反面、じっくり考えなくてはいけない問題に

出会うと、あっさりあきらめてしまう傾向もあるのだそうです。

そしてその背景には、学んでいることの先に何があるのか不明瞭であるための

モチベーションの低さがあるのではないかとのお考えも話して頂きました。

 

ここで、最先端技術の研究者教育ツール開発の専門家現場教育の専門家

子どもたち、そして保護者が参加することで、子どもたちの長期的な学びのモチ

ベーションを維持し発展させていける体制ができるのではないか、という話になり

今回の打合せは終了となりました。

 

これで全ての役者は揃いました!

私たちの活動を支えて下さる皆様の力を借りながら、未来を担う子どもたちを、

育て、支えていける実践可能なプログラムを作っていけたらと考えています。

 

|

« 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校の連携授業 いよいよ実現します!』 | トップページ | 『ジュニアサイエンスカフェや東京大学(工学系ゼミ)との連携授業の効果測定』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/31376869

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校連携授業の顔合わせ』:

« 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校の連携授業 いよいよ実現します!』 | トップページ | 『ジュニアサイエンスカフェや東京大学(工学系ゼミ)との連携授業の効果測定』 »