« 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校連携授業の顔合わせ』 | トップページ | 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校の連携授業 いよいよ大学でゼミ始動!』 »

『ジュニアサイエンスカフェや東京大学(工学系ゼミ)との連携授業の効果測定』

日本教育工学会へ行ってきました

2009年9月28日(月) 

 

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、ジュニアサイエンスカフェ

東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校との連携授業などの企画を

進め実施することで、サイエンスリテラシーの普及活動を行っています。

 

< 第4回ジュニアサイエンスカフェ >

P100002950_2

P100003350  

 

 

 

 

ジュニアサイエンスカフェも昨年10月からすでに4回開催することができ

子どもたちとお父さん、お母さんが研究者と直接出会うことで、科学の

身近さ科学的に物事を考えることの大切さを体感してもらうことが

できたように感じています。

 

次に私たちが目指すのは、これらの効果測定を行い、成果を発表

することです。

この目標に向かうため、今後私たちは、自分たちの活動に関連しそうな

様々な学会に参加しようということになりました。

今回は、東京大学本郷キャンパスで開催された、日本教育工学会

行ってきました。

 

内容は理論の発表から、実践したことの検証や結果発表まで、かなり

広範囲に渡り、発表の仕方も様々でした。

私たちはカリフォルニア大学バークレー校WISE(ワイズ)という

科学教育プログラムを開発しているElissaとミーティングをした際に、

彼女の話の中に度々出てくる「実践可能な」というキーワードに

大変共感しました。

彼女は、ハーバード大学の工学部を卒業し、その後、科学教育の

プログラム研究に興味を持ったのだそうです。

進路としてはスタンフォード大学の教育学部か、カリフォルニア大学の

教育学部か迷った末に、より実践的なプログラムを開発している

カリフォルニア大学を選んだと話してくれました。

 

今年の春には、私もカリフォルニア大学バークレー校で行われている

Elissaたちの研究室のミーティングに参加させてもらいましたが、

そのプログラムの完成度の高さに驚いただけでなく、効果測定のための

データの取り方プログラム普及の方法自体も研究されているという、

まさに「実践可能な」研究に目が覚める思いでした。

言うだけならば簡単ですが、実践し継続していくことは本当に大変なこと

です。

 

私たちのNPOでは今後も、様々な情報を集めて、実際に見て行きながら

良いものは国内外問わず取り入れ、実践して効果を測定し、その成果を

発表していきたいと考えています。

子どもたちやお父さん、お母さん、先生たちが一緒になって、好奇心を

伸ばし、生きる力を身につけられる科学教育を開発できたらと思います。

 

|

« 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校連携授業の顔合わせ』 | トップページ | 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校の連携授業 いよいよ大学でゼミ始動!』 »

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/31551894

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジュニアサイエンスカフェや東京大学(工学系ゼミ)との連携授業の効果測定』:

« 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校連携授業の顔合わせ』 | トップページ | 『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校の連携授業 いよいよ大学でゼミ始動!』 »