« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

『商工祭(関連イベント)で石の不思議を伝えました』

割っても割っても平行四辺形の不思議な石

2009年10月26日(月) 雨

   

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは11月24日(土)に、商工祭

関連イベント「ふらっと広場TOMATO」へ出展しました。

翌週に開催されるサイエンスアゴラ(日本科学未来館一帯で開催)

への出展もあるため、こちらの出展についてはどうするか迷ったのですが、

戸田市の皆さんと触れ合う良い機会と考え、私たちらしい出展を企画

しました。

 

私たちが用意したのは方解石(カルサイト)という鉱石でした。

メキシコの鉱山で採れた、オレンジ、グリーン、ブルーの珍しい

方解石を並べて、石の不思議を科学的に伝えたいと考えました。

方解石は、土に埋まって塊で見つかることが多いということで。

それを感じてもらえるディスプレイにしましたよ。

 

< 3色の方解石のディスプレイ >

09102450_2

 

 

 

 

皆さんも、きれいな平行四辺形の形をした方解石を見たことが

あるのではないでしょうか。

鉱石というのは、分子が規則正しく結晶となったものですが、方解石も

鉱石の一つで、衝撃を与えると平行四辺形に割れる(壁解)する性質が

あります。

 

当日は、大きな方解石の販売だけでなく、子どもたちの希望に合わせて、

少し小さい方解石を販売するため、かなづちで割ったりもしました。

割ってみると、小さなかけらまでとにかく平行四辺形!

大きかったり小さかったり、相似形の平行四辺形がきらきらと

光ってとてもきれいで、子どもからも大人からも歓声が上がりました。

子どもたちも喜んで宝物の石を選んでいましたよ。

 

< 石を選ぶ子どものお客様たち >

09102450_3

 

 

 

 

自然が作り出した鉱石の神秘を、きっと子どもたちが家に持って帰って

くれたと思います。

 

午前中には、神保市長羽富教育長にもお立ち寄り頂き、石の話や

NPOの活動についてお話をさせて頂きました。

 

NPOでものの販売をしたのは初めてでしたが、商品を通して、子どもたちや

大人たちと直接話をすることができて様々な発見があり、とても有意義でした。

この経験を、これからのサイエンスカフェサイエンスフェスティバルへも

生かしていきたいと思います。

 

大人も子どもも石が好きなんですね♪

それも一つの発見でした。

 

少し肌寒い中、関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『第5回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み受付開始です!』

申し込みは11月2日17時までです

2009年10月26日(月) 雨

   

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは11月21日(土)に、東京大学

航空宇宙工学専攻 鈴木真二先生をお迎えして、飛行機をテーマにした

ジュニアサイエンスカフェを開催致します。

戸田市内の小学校(4年生以上)では、チラシが配布されていると思いますが

もちろん市外の方も歓迎致します。

現在、メールまたは往復ハガキによる申し込みを受け付けておりますので

是非お申込み下さい!

タイトル  『そして人は大気の底から飛び立った』

ゲスト    東京大学工学系研究科 航空宇宙工学専攻

       東京大学大学院教授 鈴木真二氏

      (NHK教育「サイエンスZERO」のコメンテーターとしても

       おなじみです)

内 容  最先端の科学を乗せた飛行機も、飛ぶ仕組みは身近な大気と

      大きく関係しています。

      飛行機の飛ぶ仕組みや、姿勢を保つ仕組みが、理科で学ぶ

      「大気」や「てこの原理」にも関係しているなんて驚きです。

      当日は鈴木先生のお話を聞くだけでなく、実際にゴム動力飛行機

      親子で制作し、体育館で飛ばします。

             学んだ理論を実践、検証しながら飛行機の科学を親子で体験して

      頂きたいと思っています。

日 時  2009年11月21日(土)10:00~15:00(12:00~13:00休憩)

      お弁当の飲み物をご持参下さい。会場近くのスーパーで

      購入することもできます。

会 場  埼玉県戸田市立戸田東小学校 理科室 体育館

     (駐車場はありません)

定 員  60人(小学校4,5,6年生とその保護者2人で1組)

      保護者1人で兄弟2人まで参加可能です

参加料  500円(教材費など)

      親子2人の参加では500円×2人1000円になります

締め切り 11月2日(月)17:00到着分まで

 

お申し込み 往復はがきまたはメールでお申し込み下さい。

 

<往復はがきでのお申し込み>

往信表  335-0004 埼玉県蕨市中央7-42-1

      蕨中央七郵便局留め

      NPO法人センス・オブ・ワンダー

      代表理事 中牟田宴子

往信裏  第4回ジュニアサイエンスカフェin戸田に申し込みます

      参加申し込みの方の

      ○郵便番号

      ○住所

      ○保護者の氏名(ふりがな 性別)

      ○子どもの氏名(ふりがな 性別)

        学校名 学年

      ○連絡先電話番号

      ○保護者のE-Mailアドレス

返信表  保護者の郵便番号、住所、氏名

返信裏  何も書かないで下さい

 

<メールでお申し込みの場合>

      宛先 jsc_toda2009_2nd@yahoo.co.jp

      件名 『第5回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み』

      本文

      参加申し込みの方の

      ○郵便番号

      ○住所

      ○保護者の氏名(ふりがな 性別)

      ○子どもの氏名(ふりがな 性別)

        学校名 学年

      ○連絡先電話番号

      ○保護者のE-Mailアドレス

 

こちらからご確認のメールを送らせて頂き、返信を頂いた時点

申し込み受付完了とさせて頂きます。

 

スタッフ一同お会いできるのを楽しみにしています。    

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東京大学工学部の学生による小学校理科の授業』

第1回のゼミで3つのチームができました

2009年10月25日(日) 

11月7日(土)に行われる戸田東小学校と東京大学(工学系ゼミ)

との連携授業ですが、先週金曜日には東京大学工学部でゼミの

ガイダンスが行われ、23日は第1回目のゼミでした。

ゼミの開講から第1回の実習日(11月7日)まで、あまり日がないことから

23日はさっそくチーム分けが行われました。

鈴木先生はアメリカ出張でご不在でしたが、うまくチーム分けは完了しました。

 

ゼミには、航空、化学、機械などを専攻している学生が参加してくれ

たのですが、ゼミ開始時間の前から、小学校の理科についての

質問が出たり、タイムスケジュールについて提案があったりと、

ゼミ初回から活発なディスカッションがありました。

ゼミの時間終了後も、残って話し合う学生の姿がみられました。

 

< 授業について案を出し合う学生たち >

091023

 

 

 

 

「小学生に科学の本質を伝える」という課題に対して、真剣に取り組む

姿を見ていると、11月7日に彼らが小学生にどんなことを伝えてくれるのか

とても楽しみです。

また準備の様子はご報告致します。 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校の連携授業 いよいよ大学でゼミ始動!』

ゼミのガイダンスへ参加してきました

2009年10月18日(日) 

大学の知を小学校へ届けたいということで、私たちが長く温めてきた

企画が11月7日(土)戸田東小学校と東京大学(工学系ゼミ)との

連携授業という形で実現することはブログでご紹介してきた通りです。

 

さて、この連携授業ですが、ゼミとしては学生が自分の研究を人に

わかるように説明することができるようになる、という目標を

持っています。

そして、いよいよこのゼミのガイダンスが16日(金)に本郷キャンパスの

工学部7号館で行われ、NPO法人センス・オブ・ワンダーからも3名が参加

してきました。

私たちとしては、東京大学の学生が「小学生に研究を説明する」

ということに興味を持ってくれるのか、そしてゼミのガイダンスに集まって

くれるのか、ドキドキしながらの参加でした。

 

結果はというと、ゼミのガイダンスに集まった学生は、電気、化学、

航空、合わせて10名ほど。

とてもよい雰囲気の中、学生も「科学教育」ということに大変興味を

持ってくれて、30分間のガイダンス終了後も教室で色々と話しこみ

結局、16時30分から始まったガイダンスですが18時近くまで残って

くれた学生もいました。

「では、来週はチーム分けをして、それぞれが11月7日の

実習に向けて授業を組み立てていきましょう!」

と行きたかったのですが、肝心の鈴木真二先生が来週はアメリカ出張

とのこと。

参加希望の学生たちも

「ええ~!」

と少し不安そう。

でも大丈夫です。

私たちのNPOのメンバーの一人が、ちゃんとチーム分けの手伝いを

するよう鈴木先生から仰せつかっていました!

というわけで、私たちはまた来週もまたゼミに参加致します♪

 

何しろ、『サイエンスアゴラ』でも、次回の『第5回ジュニアサイエンスカフェ

in戸田』でもお世話になりっぱなしの鈴木先生ですから、私たちもできる

限りのお手伝いをしたいと考えています。

 

そして、何よりも子どもたちの未来のためです。

どんな授業になるのか、とても楽しみです!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »