« 『第5回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み受付開始です!』 | トップページ | 『東京大学工学部の学生が作る科学の授業』 »

『商工祭(関連イベント)で石の不思議を伝えました』

割っても割っても平行四辺形の不思議な石

2009年10月26日(月) 雨

   

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは11月24日(土)に、商工祭

関連イベント「ふらっと広場TOMATO」へ出展しました。

翌週に開催されるサイエンスアゴラ(日本科学未来館一帯で開催)

への出展もあるため、こちらの出展についてはどうするか迷ったのですが、

戸田市の皆さんと触れ合う良い機会と考え、私たちらしい出展を企画

しました。

 

私たちが用意したのは方解石(カルサイト)という鉱石でした。

メキシコの鉱山で採れた、オレンジ、グリーン、ブルーの珍しい

方解石を並べて、石の不思議を科学的に伝えたいと考えました。

方解石は、土に埋まって塊で見つかることが多いということで。

それを感じてもらえるディスプレイにしましたよ。

 

< 3色の方解石のディスプレイ >

09102450_2

 

 

 

 

皆さんも、きれいな平行四辺形の形をした方解石を見たことが

あるのではないでしょうか。

鉱石というのは、分子が規則正しく結晶となったものですが、方解石も

鉱石の一つで、衝撃を与えると平行四辺形に割れる(壁解)する性質が

あります。

 

当日は、大きな方解石の販売だけでなく、子どもたちの希望に合わせて、

少し小さい方解石を販売するため、かなづちで割ったりもしました。

割ってみると、小さなかけらまでとにかく平行四辺形!

大きかったり小さかったり、相似形の平行四辺形がきらきらと

光ってとてもきれいで、子どもからも大人からも歓声が上がりました。

子どもたちも喜んで宝物の石を選んでいましたよ。

 

< 石を選ぶ子どものお客様たち >

09102450_3

 

 

 

 

自然が作り出した鉱石の神秘を、きっと子どもたちが家に持って帰って

くれたと思います。

 

午前中には、神保市長羽富教育長にもお立ち寄り頂き、石の話や

NPOの活動についてお話をさせて頂きました。

 

NPOでものの販売をしたのは初めてでしたが、商品を通して、子どもたちや

大人たちと直接話をすることができて様々な発見があり、とても有意義でした。

この経験を、これからのサイエンスカフェサイエンスフェスティバルへも

生かしていきたいと思います。

 

大人も子どもも石が好きなんですね♪

それも一つの発見でした。

 

少し肌寒い中、関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

 

 

|

« 『第5回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み受付開始です!』 | トップページ | 『東京大学工学部の学生が作る科学の授業』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

カルサイトはとても綺麗でした。
出展がはじっこのほうでお客様が少なかったのが残念でしたよね。
勉強不足で・・・もっと勉強しておけばよかったとおもいました。

投稿: 冨田 | 2009年10月27日 (火) 21時02分

出展する前には、
見に来てくれるのは子どもたちがほとんど
かなって思っていたのですが....

おじいちゃん、おばあちゃんが大勢来てくださいました。
石は、年齢とは関係無しに素敵なものなんですね。note

投稿: koji | 2009年10月27日 (火) 21時56分

私ももともと石は好きでしたが、第4回ジュニア
サイエンスカフェで海洋研究開発機構(JAMSTEC)
の巽好幸プログラムディレクターに教えて頂き、
ますます石に興味を持ちました。
子どもたちは、石に刻まれた地球の歴史を体で
感じ取っているようですよね。
だからみんな石が好きなのかな。

投稿: yasuko | 2009年10月28日 (水) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/31952528

この記事へのトラックバック一覧です: 『商工祭(関連イベント)で石の不思議を伝えました』:

« 『第5回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み受付開始です!』 | トップページ | 『東京大学工学部の学生が作る科学の授業』 »