« 『東京大学工学部の学生が作る科学の授業』 | トップページ | 『NPO法人センス・オブ・ワンダー 設立1周年です』 »

『サイエンスアゴラ2009 学びの本質についてのトークセッション』

鈴木真二先生、内田麻理香さんと一緒に

2009年11月3日(火) 

   

サイエンスリテラシーを広める活動をしているNPO法人

センス・オブ・ワンダーでは10月31日(土)と11月1日(日)に、

サイエンスアゴラ2009(科学技術振興機構主催)という科学の

イベントに出展しました。

サイエンスアゴラ2009日本科学未来館があるエリアで開催

されました。

 

まずは10月31日(土)の出展のご報告です。

この日は13時~14時半の90分を使い、東京大学から鈴木真二先生

内田麻理香さんをお迎えして、『子どもの「どうして?」大人の「なぜ?」

に向き合う方法』というタイトルのトークセッションと簡単な実験を行いました。

 

< 会場の様子 >

*席は左手奥にもありました

09103150

 

 

 

 

前半は、私たちのNPOがなぜ研究者と一般の人を直接会わせる

サイエンスカフェを開催しているのか、ということや、なぜ「親子」を

対象にした”ジュニア”サイエンスカフェが大切だと考えるのか

を説明しました。

その後は、内田麻理香さんがポップコーンの実験を通して

キッチンの科学について話をして下さいました。

 

< 2年生の男の子がお手伝い! >

09103150_2

 

 

 

実験が終わった後、麻理香さんが

「科学って分からないことばかりだから楽しいんです。

予想どうりにならないことが魅力なんですよ。」

と話して下さったのが印象的でした。

ともすると「正解(といわれていること)」にたどりつくことだけに

重点が置かれてしまいがちな教育ですが、どんな結果が出ても

その過程が大切だと話されるのは、以前東大で研究をされていた

麻理香さんだからこそだと思います。

 

さて、その後は鈴木真二先生による、飛行機のお話でした。

紙飛行機を実際に子どもに折ってもらい、紙飛行機とジャンボ

ジェット機は同じ理論の下に飛んでいるというお話もありました。

鈴木先生や話の中で

「あたかも現代では何もかも解明されているように錯覚しますが

分からないこともたくさんあるのです。

飛行機だってまだまだ解明されていないことがあるのですよ。」

と話して下さいました。

 

< 参加されたお母さんへ説明をする鈴木先生 >

09103150_3

 

 

 

 

子どもたちには

「エジソンは99%の汗と1%のひらめきが必要だと言いましたが、

ひらめきをたくさん持っている子どもたちが、そのままひらめきを

持ち続けられれば大発見があるかもしれませんね。」

とメッセージを頂きました。

この日のこの時間は会場の周りに人が少なく、大入り満員とは

いきませんでしたが、参加された方たちはそれぞれ意見や感想を

言うことができて、参加者全員で学びの本質を考えることができたと

思います。

子どもたちが疑問を持って、それを知ろうとするためには、やはり

周りの大人の助けが必要だということ、そして家庭の役割は大きい

という話でトークセッションは終了しました。

 

鈴木真二先生、内田麻理香さん、ご参加頂きありがとうございました。

そして一緒に話をした皆さんも、有意義な時間をありがとうございました。

 

鈴木真二先生のブログはこちら

http://blog.goo.ne.jp/gooshinji_002 

 

内田麻理香さんのブログはこちら

http://ameblo.jp/marika-uchida/

 

次は11月1日に開催した紙飛行機教室の様子をお伝え

します。

 

 

 

|

« 『東京大学工学部の学生が作る科学の授業』 | トップページ | 『NPO法人センス・オブ・ワンダー 設立1周年です』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/32054067

この記事へのトラックバック一覧です: 『サイエンスアゴラ2009 学びの本質についてのトークセッション』:

« 『東京大学工学部の学生が作る科学の授業』 | トップページ | 『NPO法人センス・オブ・ワンダー 設立1周年です』 »