« 『竹内薫さん講演会で「宇宙のかけら」に涙しました』 | トップページ | 『科学を学ぶ大学生から小学生へ伝えたいこと』 »

『第6回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み受付中です』

『地球の46億年でおこったこと 

   ~青い地球 白い地球~』

2010年1月26日(火) 

2月14日(日)に第6回となるジュニアサイエンスカフェ

開催致します。

 

< 第5回ジュニアサイエンスカフェの様子 

  (ゴム動力飛行機の滞空時間競技会) >

*画像はクリックで拡大できます

 写真は写真家 酒井徹也さん撮影のものです

09112130

 

 

 

 

今回のゲストスピーカーは、第2回のジュニアサイエンスカフェで

深海の不思議を伝えて下さった山口耕生先生です。

山口先生は、現在、東邦大学理学部化学科地球化学研究室准教授

でいらっしゃいます。

前回お招きした時は海洋研究開発機構(JAMSTEC)で研究を

されていました。

その山口先生から今回聞くお話は「地球46億年の歴史」です!

私たちの青い地球は、以前は氷の白い地球”Snowball Earth”

だったこともあるのだそうです。

凍った白い地球の上で、生命はどのように生き残ってきたのでしょう。

そして、そこで生き残った生命が私たちの祖先となったのですから

生命って不思議ですよね。

山口先生と一緒に実験も交えながら、46億年という壮大な

地球の歴史をたどってみましょう!

 

『地球の46億年でおこったこと ~青い地球 白い地球~』

日 時:2010年2月14日(日)13:00~15:45

会 場:戸田市立戸田東小学校理科室(駐車場はありません)

ゲスト:山口耕生氏

    東邦大学理学部化学科地球化学研究室准教授

    海洋研究開発機構 システム地球ラボ 招聘研究員

    早稲田大学 国際教養学部 非常勤講師

参加費:無料

お申し込み:メールまたは往復はがきでお願いします

<メールでお申し込みの場合>

      宛先 jsc_toda2009_3rd@nifmail.jp

      件名 『第6回ジュニアサイエンスカフェin戸田に申し込みます』

      本文

      参加申し込みの方の

      ○郵便番号

      ○住所

      ○保護者の氏名(ふりがな 性別)

      ○子どもの氏名(ふりがな 性別)

        学校名 学年

      ○連絡先電話番号

      ○保護者のE-Mailアドレス

 

<往復はがきでのお申し込み>

往信表  335-0004 埼玉県蕨市中央7-42-1

      蕨中央七郵便局留め

      NPO法人センス・オブ・ワンダー

      代表理事 中牟田宴子

往信裏  第4回ジュニアサイエンスカフェin戸田に申し込みます

      参加申し込みの方の

      ○郵便番号

      ○住所

      ○保護者の氏名(ふりがな 性別)

      ○子どもの氏名(ふりがな 性別)

        学校名 学年

      ○連絡先電話番号

      ○保護者のE-Mailアドレス

返信表  保護者の郵便番号、住所、氏名

返信裏  何も書かないで下さい

定  員:60人(小学校4,5,6年生とその保護者2人で1組)

     *お申込み多数の場合は抽選になります

締め切り:2010年1月31日(日)20:00到着分まで

皆様にお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしています。

|

« 『竹内薫さん講演会で「宇宙のかけら」に涙しました』 | トップページ | 『科学を学ぶ大学生から小学生へ伝えたいこと』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/33128956

この記事へのトラックバック一覧です: 『第6回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み受付中です』:

» 【サイエンスカフェ情報】第6回 ジュニアサイエンスカフェ in 戸田「地球の46億年でおこったこと ~青い地球 白い地球~」(2/24) [Science and Communication]
戸田市立戸田東小学校理科室にて開催. ゲストは,山口耕生さん(東邦大学理学部化学科地球化学研究室) です. 参加費無料ですが,申込みが必要です. ここ [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 (火) 12時37分

« 『竹内薫さん講演会で「宇宙のかけら」に涙しました』 | トップページ | 『科学を学ぶ大学生から小学生へ伝えたいこと』 »