« 『第6回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み受付中です』 | トップページ | 『折り紙ヒコーキ教室 in JAL格納庫!』 »

『科学を学ぶ大学生から小学生へ伝えたいこと』

戸田市での連携授業の成果が発表されました

~ 東京大学工学教育推進機構 プロジェクト合同発表会 ~

 

2010年1月26日(火) 

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、子どもたちに、科学の楽しさや

今学んでいる理科が最先端の科学とどのように結びついている

のかを伝える活動をしています。

その1つとしてお手伝いしているのが、東京大学工学部のゼミと

連携して小学校で行う科学の授業です。

今回は、1月21日に東京大学工学部2号館で行われた

このゼミの発表会の様子についてご紹介します。

 

その前にまず、このゼミではどのようなことをしているのかを

ご紹介致します。

このゼミは鈴木真二先生(工学部航空宇宙工学専攻教授)

機構長を務められる工学教育推進機構の1つのプロジェクト

として開講されました。

ゼミでは、現役で科学を学ぶ工学部の学生さんたちが、それぞれの

得意分野を、いかに分かりやすく、楽しく、さらに本質に踏み込んで

子どもたちに伝えるかを議論し、小学生のための授業を作っていきます。 

私たちのNPOは小学校との連絡や、小学生とその保護者の

反応や様子を伝えたり、実践のために現場と調整を行う

という部分で、ゼミのお手伝いをしています。

「小学生に科学を伝えるのはとても難しいことですよ」

とおっしゃる鈴木先生は、小学生にも分かる言葉や表現を

使って科学の本質を伝える方法を、学生さんたちに見つけて

もらいたいと考えていらっしゃるようです。

 

では、毎週行われているゼミはどのような様子なのでしょう?

鈴木先生だけでなく、教育学部の三宅なほみ先生も参加され、

学生さんたちの間では熱い議論が繰り広げられます。

「小学生にそこまで説明したら返って分かりにくいかも

しれないよね。」

とか

「小学生は作用反作用についてどこまで知ってるのかな?

何を使ったら実感してもらえるだろう?」

「電気分解の実験は分かりにくいから省いてみようか。」

というように、ディスカッションを重ねながら授業を作り上げて

いきます。

 

< ゼミの様子 >

*写真はクリックで拡大できます

09103030

 

 

 

 

そして昨年の2009年11月7日には第1回の実践授業戸田市立

戸田東小学校で行われ、2010年1月21日に工学部2号館で

ゼミの成果について学生さんたちが発表をしたというわけです。

発表の場は5つのプロジェクトの合同発表会(工学教育推進機構主催)

でした。 

戸田東小学校へ来てくれた皆さんは5つのプロジェクトの中の1つ

「工学理解推進プロジェクト」の担当ということで発表をしました。

 

< レモン電池の授業について説明 >

10012130

 

 

 

 

「工学理解推進プロジェクト」の発表の中では

「授業を組み立てる時に、学ぶことを楽しいと思ってほしいと思い、

どういう時に学びが楽しいと思うのかを考えました。

今まで持っていた知識が結びついていくとき、きっと子どもたちは

楽しいと感じてくれるだろうと思い、それが感じられる授業を

作りました」

という説明がありました。

また、

「電気がどうして流れるのかというのは、原子の説明にまで

なるため、小学生には難しく、子どもたちは分からなかったのでは

ないかと思っていました。

ところが、アンケートデータをみると、授業で伝えたかったことが

きちんと伝わっている結果も出ていて、難しいなりにも何か子どもたちに

残すことができたと感じています。」

という感想も発表されました。

 

この発表会に参加してみて、今回戸田市に来てくれた学生さんたちが

どれほどの情熱を持って授業を作り、実践してくれたのかがよく分かりました。

その情熱は子どもたちやお父さん、お母さんにも伝わっていると思います。

ありがとうございました。

 

またこの発表会では他の4つのプロジェクトの発表もありました。

例えば「フライトシミュレータプロジェクト」では、100年前に日本で初めて

航空工学に則して飛んだグライダーについて研究し、その模型を

作成しました。

100年前の初飛行はフランス大使館も関わる国際的なものだったのだ

そうですが、今回の発表も、英語で発表する人、日本語で発表する人と

交互に入れ替わり、言語の壁を感じない興味深いものでした。

 

< 英語と日本語で発表があったフライトシミュレータプロジェクト >

10012130_2

 

 

 

 

今回の発表会は、教育に興味がある方であればどなたでも参加

できたようです。

平日に開催されるものが多いため、なかなか参加が難しいとは

思いますが、興味がある方は工学部のWEBサイトで日程を

チェックしてみて下さい。

子どもさんの参加ができそうなものについては、このブログでも

ご案内したいと思っています。

 

東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻

http://www.aerospace.t.u-tokyo.ac.jp/

 

 

|

« 『第6回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み受付中です』 | トップページ | 『折り紙ヒコーキ教室 in JAL格納庫!』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/33130055

この記事へのトラックバック一覧です: 『科学を学ぶ大学生から小学生へ伝えたいこと』:

« 『第6回ジュニアサイエンスカフェin戸田 申し込み受付中です』 | トップページ | 『折り紙ヒコーキ教室 in JAL格納庫!』 »