« 『小学校の校長先生に聞いた科学(理科)と社会科の共通点』 | トップページ | 『東京大学五月祭 うまくいかなくても子どもたちには新鮮な体験』 »

『小学校側も楽しみに待っている工学部発の科学の授業』

工学部生と小学校の先生、子どもたちも参加したゼミ

2010年5月30日(日

28日金曜日は、いつものように東京大学工学理解推進プロジェクト

というゼミの日でした。

今回ちょっと違っていたのはたくさんのゲストが参加したことです。

6月12日(土)戸田東小学校工学部から生まれた科学の実践授業

を行うため、この日のゼミでは3つのグループのテーマと内容の発表

行われました。

ゲストは、実施会場となる戸田東小学校の校長先生、理科の先生

そして小学生、中学生の子どもたちでした。

授業のテーマは、「流束」「固定振動数」「燃焼」の三つ。

これだけ聞くと

「難しそう~!」

と思うかもしれませんが、このゼミでそのまま終わるわけがありません。

なんたってサイエンスコミュニケーションを学ぶゼミですからね。

 

3つのグループがそれぞれのテーマを選んだ共通の理由は

「大学で工学を学んでみて、今回選んだこれらの理論が

身の回りのたくさんの現象やモノにつながっていると知って

驚いたから」というものでした。

「燃焼」のチームは、それ以外にも「燃やすのって楽しいから」

いうのもあったようですけどね!

このゼミの中で、鈴木真二先生は「子どもたちに伝えた科学を

必ず現実の生活に結びつけて下さい」とおっしゃっています。

どんな内容になったのかはまたご報告しますのでお楽しみに!

 

この日のゼミでは、戸田東小学校で理科を担当している若目田先生と

江川校長先生に企画した授業の内容を聞いてもらい、日ごろの

子どもたちの反応などを教えてもらいながら、それをまた内容に

反映させていくことも検討しました。

若目田先生からは

「クラスを3つに分ければ必ずそこにはリーダーがいますが

もしも3人1組などに分けてしまうと、リーダーが不在になり

話し合いもまとまらなくなるかもしれませんね。」

などの具体的なアドバイスも頂きました。

 

もちろん、ゲストの子どもたちにも役割があります。

「流れるってきいて何を想像する?」

というようにゼミ生は質問をしてみて、子どもたちの反応を確認します。

子どもたちの答えの中には「宅配便」というユニークなものも

ありましたよ。

 

< ゼミ生と子どもたち >

10052820

 

さて、この日、ゼミに参加した次男(小5)のお布団に入った後の

できごと。

「ねぇ、今なら流れるもの、たくさん思いつくよ!」

と話しだしました。

実はゼミで聞かれた時には、答えられなかったそうなの

ですが、寝る前にまた思い出して考えていたようです。

彼の思いついた「流れるもの」とは

空気、音楽、丸い球、時間、波(海の)、電波、煙、砂

水蒸気、振動、マグマ

でした。

答えを押し付けられたのではないゼミ生からの問いかけは

こうやってゆっくりと子どもたちに影響を与えることもあるよう

です。

6月12日がますます楽しみです。

|

« 『小学校の校長先生に聞いた科学(理科)と社会科の共通点』 | トップページ | 『東京大学五月祭 うまくいかなくても子どもたちには新鮮な体験』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/34963405

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学校側も楽しみに待っている工学部発の科学の授業』:

« 『小学校の校長先生に聞いた科学(理科)と社会科の共通点』 | トップページ | 『東京大学五月祭 うまくいかなくても子どもたちには新鮮な体験』 »