« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

『小さな宇宙のサイエンスカフェ 開催しました』

中学生の心にも響いたサイエンスカフェ

 

2010年10月31日(日

10月30日(土)は関東地区には季節外れの台風が接近していて、

開催できるのかどうか直前までドキドキしていましたが、無事に

サイエンスカフェを開催することができました。

参加者の中には、台風で電車が止まってしまい参加できなくなった方も

いらっしゃいましたが、終わるころには雨風も止み、予定通りに開催できて

ホッとしています。

これまでセンス・オブ・ワンダーでは、小学校を会場にして小学生の

親子を対象にしてきたジュニアサイエンスカフェを開催してきましたが

今回は初めて中学生以上の大人を対象にしたサイエンスカフェを

企画させて頂きました。

特に、難しい年頃の中学生をどのようにしてサイエンスカフェに

呼び込むかがスタッフ側の課題であり挑戦でもありました。

私たちが心がけたことは、いつものように「科学の本質を伝えること」の他

「お洒落であること」だったのですが、『カフェ・シバケン』さんのご協力により、

本場イギリスのサイエンスカフェに近い形の、お洒落であたたかい雰囲気の

サイエンスカフェを開催することができました。

台風の中対応して下さった『カフェ・シバケン』の皆様、ありがとうござい

ました。

< 会場となった『カフェ・シバケン』 >

10103050

 

< 所狭しと並んだ料理 >

10103050_3  

< 料理をとりにいく中学生の男の子たち >

10103050_2

写真には写っていませんが、女の子も大人もいます♪

 

今回のゲストスピーカーは東京大学工学部4年生の稲葉翔さんと

佐藤太紀さんの二人です。

テーマは「宇宙」

まずは、参加者それぞれ思い浮かべたことを付箋紙に書き、

ゲストスピーカーに渡します。

それを基に宇宙の始まりの話や、宇宙の年齢の話を風船を使って説明

してくれました。

まず、2つの星に見立てた点が、風船が膨らむと離れて行くということを

みんなで確認します。

その風船を見ながら、

「星同士の距離の変化を観測することから宇宙の膨張が

分かったんですよ」

という説明がありました。

ということは、逆に風船を縮めて行くと宇宙の始まりが分かることに

なります。

みんなで宇宙の年齢も計算してみました。

 

< 風船を膨らませる参加者>

10103050_4

 

宇宙の話から音の話光の話へもつながって行きました。

音の話では、音が波であるという中学校理科でも内容に触れ

ドップラー効果についても図を使いながら説明がありました。

 

< ドップラー効果の説明 >

10103050_5

 

光の話では、これもまた中学校理科に出てくる光の屈折の話を

聞くことができました。

光が空気から水へと角度を持って進んだ場合どうして底の方へ

曲がるのか、ということについても、光の性質に絡めた説明が

ありました。

水に入ると速度が遅くなる光は、水に早くさしかかった側から

ブレーキがかかり、屈折してしまうという説明を聞くと、空気と

水だけでなく、他の物質の中を光が進む場合にも現象を

予測することができます。

中学生も参加した大人も、中学校ではまだ習わない本質的な

説明に触れて、とても興味を持ったように見えました。

話は宇宙開発へも発展して、「はやぶさ」の話にもなりました。

元々のはやぶさのミッションは何だったのかについての話も、学部内に

ミッションの一部を手伝っていた学生がいる東京大学の工学部生に

聞くと、とても身近に感じられます。

 

< 「はやぶさ」のペーパークラフトを見ながら話します >

10103050_6

 

ペーパークラフトはJAXAのwebサイトからダウンロードできます。

「はやぶさ」ペーパークラフト

http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/fun/papercraft.shtml

 

宇宙開発の話の後、サイエンスカフェの最後は「宇宙に生命体がいるのか」

という話題で締めくくられました。 

嵐の中で始まった今回のサイエンスカフェは、宇宙への夢と、宇宙を

知るからこそ分かる自分たちのこと、地球のこと、そんなことに思いを

馳せることができるものとなりました。

 

最後に稲葉さん、佐藤さんから中学生へこんなメッセージを頂きました。

「理科を学ぶことは、なんでも疑ってみること、疑問を持ってみることです」と。

教科書に書いてあることだって「本当かな?」と思って自分で考えたり、

調べたりすることが大切なのだそうです。

「丸暗記ではなく本質を理解することで、実は色んな現象がつながってきて

覚えることもずっと少なくなるんですよ。」

と二人が伝えてくれたメッセージは、難しい年頃の中学生の心にも

響いたようでした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小さな宇宙のサイエンスカフェ 中学生も楽しめる内容を準備中です』

中学校の理科とつながるサイエンスカフェ

~宇宙から光の話へ~

 

2010年10月24日(日

10月30日(土)に中学生以上の大人向けのサイエンスカフェ

開催することは前の記事でご紹介した通りです。 

『小さな宇宙のサイエンスカフェを開催します

http://sense-of-wonder-2008.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-c0af.html

 

先週金曜日には今回のゲストスピーカーになってくれる東京大学

工学部4年生の稲葉さん、お手伝いしてくれる同じく4年生の

佐藤さん、当日は残念ながら学内のバイトで来れないらしい

博士課程1年生の日野さんと一緒に『小さな宇宙のサイエンスカフェ

の内容を打ち合わせました。

当日は、ビッグバンや宇宙の時間の話など大きなテーマも扱う

予定ですが、今回参加してくれる中学1年生に合わせて「光」の

話もしてもらうことになりました。

中学1年生は中間テストで「光」が試験範囲だったばかりです。

薄っぺらい中学の理科の教科書には光に関連する現象はいくつか

紹介してあるものの、肝心の「光とは何か」には触れていません。 

打ち合わせの時には「水の中に指を入れるとどうして曲がってしかも

短く見えるのか」ということについて話題になりました。

教科書に載っていたからなのですが、教科書では「光が屈折するから」

説明されていて、「なぜ屈折するのか」とか「どうして水面の方向に

屈折するのか」については触れていません。

となると、子どもたちはテストで点を取るためには「なぜ?」とは思うことなく、

そのままの形で暗記するしかなくなってしまいます。

この理由を説明するには、光には幅がある(光が波の性質を持っている

ため)ということや、光の速さについても触れなくてはいけないのですが

稲葉さんや佐藤さんが私たちにしてくれた説明の中には「光とは何か」

という話があって、とても分かりやすく楽しいものでしたよ。

実際にどんな説明だったのかは当日の中学生の反応と共にまたご報告

致します。

先日お会いした土佐幸子さん(ライト州立大学助教授 物理学博士

教育学博士)は、理科を学ぶにあたって、現象と概念の両方を学ぶ

ことが大切だと話して下さいました。

今回は初めて中学生も参加できるサイエンスカフェになりますので、

学校の理科が「暗記」だけだと思わないよう、概念を知ることの大切さや

楽しさを知ってもらいたいなと思っています。

30日は付箋紙や風船や「はやぶさ」のペーパークラフトなども使っての

サイエンスカフェになります。

どんなサイエンスカフェになるのか、私たちスタッフもとても楽しみです!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小さな宇宙のサイエンスカフェを開催します』

お茶でも飲みながら宇宙について話しませんか?

 

2010年10月17日(日

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、これまでのジュニアサイエンス

カフェの活動に加えて、大人向け(中学生以上)のサイエンスカフェを

開催することになりました。

今回は、いわゆるその道の専門家を中心にしたサイエンスカフェ

というわけではなく、科学や宇宙が好きな研究生(東京大学工学部4年生)と

一緒に「秋の夜長に宇宙の話をしよう!」という、どなたでも気軽に

参加できる企画になっています。

工学部生数名が加わって、宇宙の話や大学での話なども聞きながら、

わきあいあいとしたサイエンスカフェになればと思っています。

もともとイギリスが発祥の地のサイエンスカフェというのは、プロジェクター

を使ったりする講義形式のものではなく、お茶を飲みながら気軽に

わきあいあいと開催されるものなんですよね♪

もうすぐ定員に達しそうですが、4,5名はまだ参加して頂けそうですので

興味がある方は以下のアドレスにお問い合わせ下さい。

(”@”を@にかえて送信して下さい) 

お問い合わせアドレス:npo.sense.of.wonder@gmail.com

*本イベントは定員に達しましたため申し込みを締め切らせて

 頂きました。

イベント詳細は以下の通りです

『小さな宇宙のサイエンスカフェ』

【日時】10月30日(土)18時~20時

【対象】中学生以上(静かに参加できれば5年生以上から可)

    *大人だけも歓迎です

【場所】『カフェ・シバケン』(埼京線戸田駅から徒歩10分)

    埼玉県戸田市上戸田1丁目17-13 048-434-0315

    *軽食をつまみながら行います

【ゲストスピーカー】

    稲葉翔さん(東京大学工学部4年生)

    他に工学部生がお手伝いに来てくれます

【内容】気軽に宇宙についての話をしたり聞いたりする予定です。

    工学部生が話題の提供と資料の準備をしてくれます

【参加費】一人1500円予定(食事代込、お茶代別)

【お申込み】

    件名を「サイエンスカフェ申し込み」とし、①参加者のお名前

    (ふりがな) ②学生は学校名と年組 ③緊急連絡先電話番号

    を上記のメール宛てにお送り下さい。

    *③以外の情報は参加者人数分必要です

 

すでにお申込み頂いた方、まだ申し込みはしていないけど興味が

ある方、スタッフ一同お会いできるのを楽しみにしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『2010年度冬学期 工学理解促進プロジェクト ガイダンスのご案内』

皆さんは、小学生に科学を伝えられますか?

10061250   

 

こんにちは、NPO法人センス・オブ・ワンダーです。

私たちのNPOでは、2009年10月より東京大学工学教育推進機構

のゼミ『工学理解促進プロジェクト』へ協力し、科学教育についての

研究を行っています。

ここでは10月より始まる『工学理解促進プロジェクト』のガイダンス

及び第1回目の講義のご案内をさせて頂きます。

指導教官は、大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻鈴木真二教授

非常勤講師(所属は科学技術振興機構)三木功次さんです。

ゼミの目的は、工学の知識を小学生伝えることで、科学の本質についての

理解を深め、サイエンスコミュニケーション能力の向上を図ることです。

受講対象者(履修資格がある人)は東京大学の3年生から博士課程

学生で、工学部生以外も履修可能です。

前回の受講生の感想の中には「学科が混ざったゼミの中で様々な人たちと

ディスカッションする中で、違った考え方に出会うことができました」

というものもありました。

わきあいあいとしたゼミですので、興味がある方は是非ガイダンスに

お越し下さい。 

【工学部科目】 03-047512   科目名   創造的ものづくりプロジェクトⅡ

【工学系大学院科目】 3799-023 科目名 創造性工学プロジェクトⅡ

 

○ガイダンスのご案内

・日時:10月22日(金)18時~19時

・場所:工学部7号館(航空宇宙)2階73講義室

 

○第1回ゼミのご案内

・日時:10月29日(金)18時~19時30分

・場所:工学部7号館(航空宇宙)2階73講義室

*連絡、お問い合わせ先

 非常勤講師三木功次さん  e-mail: k.miki1023@gmail.com 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東大工学部生が小学生に科学を伝えたゼミの報告会がありました』

工学理解促進プロジェクト報告会

 

2010年10月6日(水

10月4日(月)は東京大学工学部1号館で、東大工学部生が小学生に

科学を伝えた、あのゼミの報告会がありました。

工学部1号館には初めて入ったのですが、なんとも静かな夜の1号館・・・

一人では歩きたくない雰囲気でした。

肝試しでがきそうです。

 

< 工学部1号館の廊下 >

101004150

 

会場は二階だったのですが、さすがに人もいて明るかったので、

心底ホッとしました!

この報告会では、私たちが協力しているゼミだけでなく、東京大学工学

教育推進機構の他のプロジェクト(ゼミ)の報告も行われました。

工学部らしいモノづくりを研究するプロジェクトや、外資系企業と

協力して国際的な視野を身につけるプロジェクトなど、どのプロジェクトも

内容がとても魅力的でした。

 

会場はこんな様子でした。

< 会場の様子 >

10100450

 

そしてまた後期(冬学期)もゼミが始まります。

ガイダンスと1回目のゼミのスケジュールは以下の通りです。

関係者の皆様、教育関係で興味のある皆様は是非本郷

キャンパスへお越し下さい。

 

◯工学理解促進プロジェクト  ガイダンス

 日時:10/14(木) 17:00-18:00

 場所:工学部7号館73教室

◯第1回ゼミ

 日時:10/15(金) 18:00か18:30開始

 場所:工学部7号館73教室

 内容:夏学期の活動説明、自己紹介、チーム編成

    実践授業を行う学校についての説明

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »