« 『キャンセル待ち、見学は受け付け中です! 英語で行う科学工作講座』 | トップページ | 『理系の研究者、研究生が作る科学の授業はここが違う!』 »

『東大工学部生が伝える科学の授業 小学生中学生がゼミに参加しました』

授業で行う実験の検証をしました 

 

2010年11月30日(火)

毎週金曜日はセンス・オブ・ワンダーが協力している東京大学工学部の

ゼミの日です。

このゼミでは、工学部生が「科学を伝える方法」を学んでいます。

その実践として、ほとんど科学的知識のない小学生に科学を伝える

授業を行います。

11月26日のゼミでは、12月4日(土)戸田市立戸田第二小学校

実施する科学の授業について、2つのチームから内容の発表がありました。

戸田第二小学校鈴木教頭先生加藤先生(教務主任)も参加して

下さり、小学校の先生として授業を観て頂き、アドバイスをして

頂きました。

 

< 小学生、中学生、工学部生、小学校の先生、教育研究者が集まるゼミ >

10112650_2

 

 

この日は、実際に、授業の対象となる小学校5年生の子どもたちにも

ゼミに来てもらい、実験に参加してもらって「当日、子どもたちを相手に

実験をするときに、どのようなことに気をつけなくてはいけないか」という

ことを検証しました。

 

< かなづちの実験に参加する小学生 >

10112650_3

戸田第二小学校でも授業の申し込みはすでに締切っていて、あとはとにかく

授業を完成させるだけです!

2つの授業の内容は以下のように予定しています。

 

『回転は人類を救う』

大学までじっくり学ぶ機会がない「回転」をテーマに、身近なものから

スケールの大きなものまで、回転が利用されているものについて

実験を通して考えてみます。

回転によってどんなことが起こるのか・・・

それは当日のお楽しみです!

 

『上手な力の使い方』

力学的な法則を、実験を通して発見していきます。

身近な道具を使うにも、力学的に「上手な」方法を探してみようと

いう授業です。

「”上手”とはどういうことか?」

「法則とはどういうものか?」

このような定義も確認しながら授業が進められます。

 

授業はまだ未完成ですが、あと少しです!

当日参加してる子どもたちやお父さんお母さんに、何か

一つでも科学の概念を持ち帰ってもらおうとみんなで頑張って

います。

当日の様子はまたブログでご報告致します。

|

« 『キャンセル待ち、見学は受け付け中です! 英語で行う科学工作講座』 | トップページ | 『理系の研究者、研究生が作る科学の授業はここが違う!』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/37901142

この記事へのトラックバック一覧です: 『東大工学部生が伝える科学の授業 小学生中学生がゼミに参加しました』:

« 『キャンセル待ち、見学は受け付け中です! 英語で行う科学工作講座』 | トップページ | 『理系の研究者、研究生が作る科学の授業はここが違う!』 »