« 『会場は英語圏に早変わりしました! 英語の科学工作講座ご報告』 | トップページ | 『東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010 たくさんのヒコーキが舞い飛びました!』 »

『ただいまみんなで準備中! 東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010』

東大で『スカイキング』の折り方と調整の勉強会

 

2010年12月18日(土)

センス・オブ・ワンダーでは、12月28日(火)に開催する東京大学工学部

航空宇宙工学専攻による『冬休み折り紙ヒコーキ教室2010』

準備を進めています。

戸田市内では昨日各ご家庭に配布したばかりにも関わらず、すでに

本日13時時点で定員60名のうち42名が埋まり、満員も間近です。

本イベントは20日9時をもちまして定員となりお申込み受付を

 終了させて頂きました。 ありがとうございました。

 

教室では、前半は鈴木真二教授による飛行機が飛ぶ仕組みの

実験と講義があり、後半は『スカイキング』という戸田拓夫さん設計の

折り紙ヒコーキを折り滞空時間競技を行います。

『スカイキング』は滞空時間のギネス記録を持つ折り紙ヒコーキです。

当日は、日本折り紙ヒコーキ協会の岸本光夫さん指導の下、東京大学

工学部航空宇宙工学専攻の学生さんを中心に、航空宇宙工学専攻

以外の学生さんや、CoREF(大学発教育支援コンソーシアム推進機構)

もちろん、センス・オブ・ワンダーも折り方指導の補助をします。

というわけで、昨日は東大で『スカイキング』の折り方と調整

勉強会を行いました。

航空宇宙工学が専攻と言っても、折り紙ヒコーキが専門では

ありませんから、とにかく見ての通り皆さん真剣です!

 

< 東大で『スカイキング』の折り方勉強会 >

10121750

 

折った後は、床と水平に投げてみて、機体のバランスを調整します。

 

< 機体のバランスを調整します >

20121750_2

 

調整しない折り紙ヒコーキはきちんと飛ぶことはありません。

折ったばかりの『スカイキング』は、もともと重心が前にあるので、

頭から墜落しやすいのです。

折り紙ヒコーキも、本物のジェット機も飛ぶ仕組みは同じです。

折り紙ヒコーキは、パイロットなしで飛行するわけですから

最初の調整がとても重要になります。

力の向きのバランスや、飛ぶ方向も、理論を学べばうまく調整

することができます。

あ、その前に、まずはきちんと折らなくてはいけませんけどね。

 

折り紙ヒコーキの科学については、科学技術振興機構のwebサイト

『かがくナビ』『実験ナビ 折り紙ヒコーキの科学』で紹介して

いますので、是非ご覧下さい。

 

『実験ナビ 折り紙ヒコーキの科学』

http://www.kagakunavi.jp/column/show/2429

 

さて、私たちは今年最後のイベントの成功に向けて、準備も

ラストスパートです。

皆さん、楽しみにしていて下さいね。

 

イベント案内のダウンロードはこちら↓

「ver2.pdf」をダウンロード

  Photo_2

 

お申込みはこちらから↓

『東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010 お申込み方法』

http://sense-of-wonder-2008.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/2010-7f83.html

|

« 『会場は英語圏に早変わりしました! 英語の科学工作講座ご報告』 | トップページ | 『東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010 たくさんのヒコーキが舞い飛びました!』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

子供にたいへんわかりやすく、説明していただき、とても楽しい時間でした。
帰宅した父親に得意気に、紙飛行機の折り方を教えていました。冬休みは家族で、記録会です。airplane
お世話になりました。happy01

投稿: 太一ママ | 2010年12月29日 (水) 09時02分

☆太一ママ☆
いつもありがとうございます!
地震は大丈夫でしたか?
英語の科学工作講座にも是非ご参加下さいね。

投稿: yasuko | 2011年3月21日 (月) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/38125324

この記事へのトラックバック一覧です: 『ただいまみんなで準備中! 東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010』:

« 『会場は英語圏に早変わりしました! 英語の科学工作講座ご報告』 | トップページ | 『東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010 たくさんのヒコーキが舞い飛びました!』 »