« 『ただいまみんなで準備中! 東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010』 | トップページ | 『NPO法人センス・オブ・ワンダー 2011年は国際的な活動も!』 »

『東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010 たくさんのヒコーキが舞い飛びました!』

多くの皆様のご参加ありがとうございました

 

2010年12月29日(水)

センス・オブ・ワンダーでは、昨日12月28日(火)東京大学工学部

航空宇宙工学専攻主催の『冬休み折り紙ヒコーキ教室2010』

の進行と運営のお手伝いをさせて頂きました。

年末の慌ただしい時期にも関わらず、多くの皆様にご参加頂きまして

ありがとうございました。

本講座はキャンセル待ちをして下さった方もいらっしゃるほどの人気

の講座となりましたが、皆様にご参加頂けなかったことを残念に

思っております。

このブログでは当日の様子をご紹介させて頂きます。

 

参加受付は11時30分からとなっていましたが、鈴木真二先生をはじめ

学生の皆さん、お手伝いの皆さんは10時30分に会場の芦原小学校へ

集合しました。

1時間での準備でしたので、とにかく机を運んだり、椅子を運んだり、

バタバタと、でも楽しく、準備は進みました。

 

講座開始の12時までにはほとんどの皆さんが着席されて、いよいよ

鈴木先生の講義が始まります。

東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授鈴木真二先生

からは、「どうして飛行機は飛ぶのか」ということについての講義がありました。

ライトフライヤー号の話から始まり、大気の存在、空気の重さなど

について、実験を交えて分かりやすく説明して下さいました。

 

< 後ろにずらりと並ぶ東大チーム >

101228

 

工学部航空宇宙工学科の学生さんだけでなく、機械情報システム学科

産業機械工学科の学生さん、また大学院教育学研究科で博士課程の

学生さん、アメリカ、ボーイング社の社員で現在鈴木先生の研究室で博士課程在籍

の学生さん、埼玉県教育庁の先生、松戸市の小学校の教頭先生という、多彩な

スタッフ陣が講座をサポートしました。

 

< 空気の重さのクイズ >

10122850

 

空気の重さは1立方メートルで、なんと1キログラムもあるのです!

 

< 空気は本当に重いのか?の実験 >

10122850s

 

ところが、地表では浮力が働くため、簡単には重さははかれません。

からの袋も空気が入った袋も釣り合ってしまいます。

 

締めくくりには

「本物の飛行機も、折り紙ヒコーキも、飛ぶ仕組みは同じなのです。」

という説明がありました。

パイロットの乗らない折り紙ヒコーキは、飛ばすまでの調整がとても

大切です。

重心がかかる位置と、揚力がかかる位置との関係によるてこの原理で、

飛行機は姿勢を保っているのです。

 

鈴木先生の講義の後は、日本折り紙ヒコーキ協会の指導員である岸本光夫さん

による『スカイキング』の折り方の指導がありました。

各グループには東大チームのスタッフが一人以上ついて、難しい部分を

サポートします。

 

< 岸本光夫さんによるスカイキングの折り方講座 >

10122850s_2

大きな紙を使って、とても分かりやすく教えて頂きました。

 

< 製作中のグループの様子 >

10122850s_3

できあがったら、アリーナ(体育館)へ移動です。

いよいよ、最後の仕上げ、機体の調整を行ないます。

 

< 調整の仕方や飛ばす時の注意を聞きました >

10122850_2  

 

調整の時はまっすぐ飛ばしますが、実際に滞空時間を競う時には

折り紙ヒコーキを上空に投げ上げます。

 

< 東京大学 稲葉翔さんのによるデモンストレーション >

10122850s_4

 

調整が終わると、コンテストが始まります。

8グループが4カ所に分かれて滞空時間を計測してもらいました。

2回計測して、チームの中で、大人の1位と子どもの1位を決めます。

 

< 滞空時間を計測します >

10122850_3

 

その後は、準決勝、決勝を行なって、大人と子どもの優勝者が決まりました。

優勝したヒコーキは、優雅に旋回しながら空気の中を滑り飛びました。

空気が、まるで見える様な気がする瞬間でした。

 

今回の折り紙ヒコーキ教室では、紙ヒコーキというとても身近なもの作って

実際に飛ばしてみることで、身の周りにある科学を感じてもらえたのではないかと

思います。

 

年末のお忙しい時期に、子どもたちのために戸田市まで来て下さった

鈴木真二先生をはじめ、サポートして下さったスタッフの皆さん、また

快く会場を貸して下さった芦原小学校の前田校長先生をはじめ関係者の

皆様、ありがとうございました。

 

来年は、3月上旬に英語の科学工作講座第二弾を開催する予定です。

NPOの会員さん優先のご参加になりますので、興味がある方は是非

会員登録をご検討頂ければと思います。

*現在のご入会で、平成24年3月31日までの会員資格を取得できます

 

|

« 『ただいまみんなで準備中! 東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010』 | トップページ | 『NPO法人センス・オブ・ワンダー 2011年は国際的な活動も!』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/38259420

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010 たくさんのヒコーキが舞い飛びました!』:

« 『ただいまみんなで準備中! 東京大学 冬休み折り紙ヒコーキ教室2010』 | トップページ | 『NPO法人センス・オブ・ワンダー 2011年は国際的な活動も!』 »