« 『CoREFと埼玉県教育委員会の事業報告会へ行ってきます』 | トップページ | 『小学生にも分かるLEDの実験装置を作っています!』 »

『CoREF×埼玉県「県立高校学力向上基盤形成授業』報告会で感じたこと

ことばが可能にすること、不可能にすること 

2011年1月31日(月)

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、鈴木真二教授が主催されている

東京大学工学部のゼミと連携して科学教育を研究しています。

小学校で授業の実践を行う際に、CoREF(大学発教育支援コンソーシアム

推進機構)副機構長である三宅なほみ先生に、教育の研究者として

アドバイスを頂いています。 

そして、CoREFは埼玉県の高校と一緒に高校の学力向上のための

基盤整備事業を行ってます。

1月29日はその報告会があり「桶川市民ホール・さいたま文学館」まで

出かけてきました。

 

< 県立高校学力向上基盤形成事業 報告会 >

110129coreff50

 

各高校での実践授業の報告も興味深いものだったのですが

私自身は三宅なほみ先生産業技術総合研究所橋田浩一

さんの対談が印象に残りました。

 

橋田さんの話の中には、セマンティックコンピューティング

の技術を教育に生かすことで、解答だけでなく、考えて行く

過程そのものをお互いが公開し「学び方を学ぶ」という

興味深い話題がありました。

そして、学びというのは、仮説と検証という、科学の世界

では当たり前に行われていることの繰り返しなのではないかと

いうことにも触れられていました。

センス・オブ・ワンダーではジュニアサイエンスカフェなどを

通して研究者、科学者考える過程」を目撃し、体験することを

目的の一つとしてあげていますが、まさに橋田さんのおっしゃって

いることと同じことだなぁと思いながら対談を聞いていました。

 

また三宅なほみ先生は、「ことばが可能にすることと不可能にすること」

という、学びとは切り離せない「ことば」の役割について触れられていました。

ことばの役割について、ラスコー洞窟の壁画の研究と関連させて

展開するという、三宅先生らしい、時空も空間も超えた背景に

基づく話は、普段は忙しく教育に関わっている先生方にも

ヒトの学びそのものをじっくり考えることの大切さを思い出させて

くれたのではないかと思います。

こんなに素晴らしいアドバイザーを持つ工学部のゼミですから

子どもたちの笑顔が輝く科学の授業が生まれるはずですよね!

 

< 戸田第二小学校で実践した科学の授業 >

50s

ヒトはことばを持つことで考えを持ち運んだり、ものごとを抽象化

したりして、活用することができます。

抽象化することで、経験したこと以外のことにも適用できるように

なります。

ただ、抽象化する(ことばにする)時にそぎおとされてしまう

「それぞれの経験」というものがあり、「それぞれの経験」と

抽象的な知識が結びついた時に初めて、人は納得できる

知識を手に入れることができるというわけです。

 

東大工学部のゼミで作る科学の授業では、科学を「身近で役に

立つもの」として感じてもらえることを重要だと考えています。

「科学を子どもたちがいかに”自分のこととして”捕らえらえて

くれるのか」そういうことを、ゼミでも話し合っていけたらと

思います。

 

|

« 『CoREFと埼玉県教育委員会の事業報告会へ行ってきます』 | トップページ | 『小学生にも分かるLEDの実験装置を作っています!』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/38680526

この記事へのトラックバック一覧です: 『CoREF×埼玉県「県立高校学力向上基盤形成授業』報告会で感じたこと:

« 『CoREFと埼玉県教育委員会の事業報告会へ行ってきます』 | トップページ | 『小学生にも分かるLEDの実験装置を作っています!』 »