« 『グローバルな知を集めて被災地支援の方法を考えました』 | トップページ | 『夏休み計画表2011 無料ダウンロード』 »

『被災地支援のため Google Sketchupの講座に参加しました』

被災地の子どもたちと未来図を描こう 

 

2011年6月26日(日)

 

今日もまた、昨日より行われている被災地支援のためのイベント『未来図を描く

-子供のために』に参加してきました。

 

二日目の今日は、『Google Suketchup(スケッチアップ)』という

アプリケーションの操作と利用方法を学ぶ講座でした。

今回の会議・ワークショップを企画されたジョーンズ享子さんが代表を

努めるThird Respondersでは、このスケッチアップを使って、秋以降に、

「被災地の子供たちと一緒に未来図を描く講座」を開催するというプランが

あります。

こちらも具体的になりましたらブログでご紹介させていただきます。

 

ここでは、コロラド州からかけつけてくださった米国グーグル社

講師二人によるスケッチアップの講座の様子を簡単にご紹介します。

講座は英語での説明の後、Elissaさんが通訳するという形で行われました。

昨日に引き続き、多様なバックグラウンドを持った方達が、被災地の

子どもたちのために、ということで参加されていました。

 

< シンプルテンプレートからスケッチアップを始めます >

110626skup50  

 

最初に出てくる女性(Susanさん)は、スケッチアップを操作する上で

上下(重力の向き)や大きさ、高さの目安を示してくれています。

Susanさんはこのスケッチアップの開発をされた実在の人物だそう

ですよ!

 

このスケッチアップというアプリケーションにはグーグルマップや

グーグルアースから、簡単に地図や風景を取り込むことができます。

まずは、グーグルマップ検索をして、気仙沼市の地図を表示してみました。

海岸付近では、橋が水没していたり、家が取り残されている様子がはっきり

わかります。

 

< 気仙沼市の地図を表示 >

110626skup50_2

 

 

講座は基本的な操作から始まり、実際に地図上に建物を作る方法

などを学びました。

ストリートビューで建物の模様や材質がわかるテクスチャを取り込み

それを描いた建物に貼りつけることでよりリアルなものができてきます。

操作になれれば、複雑な形の建物や、建物以外のものも描くことができます。

 

< 地図上に建物を描いてみます >

110626skup50_3

 

前方のスクリーンを見ると、地図の上に立体的な建物が描かれて

いるのが分かるでしょうか。

この建物は左右上下から眺めたり、実際にストリートビューで建物の

近くを歩くこともできます。

もっとたくさんの建物を描けば、自分が作った町を歩き回ることが

できるのだそうです。

 

1日の講座でしたので、基本的な操作が中心になりましたが、

それでもスケッチアップでできることの大きな可能性を感じられた講座と

なりました。

 

最後に講座終了の卒業式があり、グーグルの講師の方からお土産も

頂きました♪

 

< お土産 >

11062650

 

 

二日間に渡った『未来図を描く-子供のために』という会議・ワークショップは

私自身は、ここで何が得られ、被災地のために具体的には何ができるのかが

分かりにくく感じていました。

ですが、実際に参加してみると、被災者の方と話すこともでき、被災地に

暮らす方たちが今何を望んでいるのかを知ることができたように思います。

そして私たちと同じ思いの方たちがいらっしゃることも分かりました。

NPOが実現できそうな具体的な案も見えてきました。 

これからは、この二日間で出会った皆さんや、被災者の方たちとも

連絡をとりながら支援の方法を考えていきます。

 

被災地ではまだまだ支援を求めています。

私たちのNPOも被災地の方たちの声を集め、多くの方たちに伝えながら

共にこの大災害を乗り越えて行きたいと考えています。

 

|

« 『グローバルな知を集めて被災地支援の方法を考えました』 | トップページ | 『夏休み計画表2011 無料ダウンロード』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/40561447

この記事へのトラックバック一覧です: 『被災地支援のため Google Sketchupの講座に参加しました』:

« 『グローバルな知を集めて被災地支援の方法を考えました』 | トップページ | 『夏休み計画表2011 無料ダウンロード』 »