« 『東京大学航空工学教室2011 開催しました』 | トップページ | 『一般参加できます! マーシャ・リン教授の教育に関する講演会ご案内』 »

『今期も始まりました! 東大工学部が科学の授業をデザインします』

2011年冬学期 東京大学工学理解促進プロジェクト(工学系ゼミ)

 

2011年10月31日(月) 

今学期も10月21日(金)から工学理解促進プロジェクト(工学系ゼミ)

始まりました。

このゼミは航空宇宙工学専攻教授でいらっしゃる鈴木真二先生

監修されています。

ゼミの目的は、小学生向けの科学の授業をデザインする過程を通して

科学の本質をもう一度見直し、コミュニケーション能力の向上を図る

いうものです。

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、このゼミを支援すると共に科学教育を

研究しています。

 

さて、先週の28日(金)は、授業をデザインし始める前の基礎知識として

「学ぶとはどういうことなのか」ということについて『How People Learn』

読み合わせを行いました。

アメリカ出張のために先んじて読んでいた私がガイド役になり、皆さんが効率よく

この本を読めるようにお手伝いさせて頂きました。

理解力の高い東大生の皆さんですから、あっという間に学びに関する共通の

言葉を獲得して語り合っていました。

「この場合子どもたちは・・・・っていう誤概念を持っていいそうだよね。」

という具合に。

 

読み合わせの後は、テーマを絞ってグループ決めです。 

先々週の時点では、テーマがたくさん出過ぎて絞りきれず、テーマ決めと

グループ決めは持ち越しとなっていました。

 

< 21日時点で出たテーマ >

11102150

 

あれこれみんなが案を出す中、修士1年生の外崎くん(一緒にアメリカに

行ったメンバーの一人)がうまく板書してくれました。

 

< 28日に決まったテーマとグループ分け >

11102850

テーマは以下の3つにまとまりそうです。

 

・課題解決型の授業でバルーンカーのようなもの

 *バルーンカーというのはジョージア工科大学LBDプロジェクトで

  デザインされた科学の授業です

  LBD(Geogia Institute of Technology)

  http://www.cc.gatech.edu/projects/lbd/home.html

 

 でも彼らが出来上がったものをそのまま採用するはずもなく・・・

 「車じゃなくて船でやってみようぜ!」

 「最初に船を沈めてしまっておいて・・・」

 う~ん、一体どんな授業になるのでしょうね。

 

・食物/生物

 毎回話題にはあがるけれども、工学部中心のこのゼミでは、皆さん

 専門外のためかなかなかテーマに取り上げる勇気の出ない生物系です。

 今期は「やってみよう!」という声が強くなり、1つの授業をデザインして

 みることになりました。

 とはいえ

 「血はどうして固まるのか不思議だよね~!」

 とか

 「美味しいってどういうことなのか科学したいよね。」

 (聞いていた他グループから↓)

 「あ~鍋くいて~!」 あれ?

 という感じで、どこに行きつくのかはまだ不明です。

 

・慣性力

 「慣性力って身近な物理でしかも不思議だよね!」

 と始まったこのテーマ。

 今期は理学部物理学科から受講生も加わったので「慣性力」から

 「相対性理論」まで、小学生が分かる授業をどのようにデザインして

 いくのか楽しみです。

 

新メンバー3名が加わりさらに、今期も益々パワーアップの様子です。

相変わらず、ああでもない、こうでもないと、ゼミ終了後もディスカッションは

続いていました。

 

< ゼミ終了後の様子 >

11102850_2

 

今期の第1回目の実践授業は12月3日(土)埼玉県戸田市立

戸田第二小学校で行う予定です。

どんな授業がデザインされるのかお楽しみに!

 

 

|

« 『東京大学航空工学教室2011 開催しました』 | トップページ | 『一般参加できます! マーシャ・リン教授の教育に関する講演会ご案内』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/42772128

この記事へのトラックバック一覧です: 『今期も始まりました! 東大工学部が科学の授業をデザインします』:

« 『東京大学航空工学教室2011 開催しました』 | トップページ | 『一般参加できます! マーシャ・リン教授の教育に関する講演会ご案内』 »