« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月

『東京大学 折り紙ヒコーキ教室2011 満員御礼!』

航空宇宙工学にふれられる『東京大学折り紙ヒコーキ教室2011』

のお申込みを開始します

*本イベントは定員に達したため現在はキャンセル待ちとなります

 

2011年11月23日(水)

今年も東京大学工学部航空宇宙工学専攻による『折り紙ヒコーキ教室2011』

が開催されます!

< 東京大学折り紙ヒコーキ教室2011 チラシ >

2011

ダウンロードはこちら↓

「2011ver1_1.pdf」をダウンロード

年末の開催になりますが、航空宇宙工学専攻鈴木真二教授

はじめ、工学部の学生さんたちや、日本折り紙ヒコーキ協会から指導員も

いらっしゃいますので、本格で楽しい教室になると思います。

教室の詳細とお申込みにつきましては、以下の通りです。

『東京大学折り紙ヒコーキ教室2011』

【日時】 平成23年12月17日(土)10:00~15:00(受付:9時30分~9時50分)

【場所】 埼玉県戸田市立芦原小学校 アリーナ及びクラブハウス会議室

      埼玉県戸田市大字新曽1961

【参加費】 無料      

【参加対象】

      小学4年生~中学3年生(小学生は必ず保護者同伴でお願いします)

【定員】  50名(保護者も含む)

【内容】

      ・「飛行機はなぜ飛ぶのか」について実験と講義(東京大学 鈴木真二)

      ・『スカイキング』の折り方講習(日本折り紙ヒコーキ協会)

      ・『スカイキング』の機体のバランスの調整を指導(東京大学工学部生) 

      ・滞空時間競技会 

      ・表彰と総評(東京大学 鈴木真二)

【持ち物】 筆記用具 (できあがったヒコーキに名前を書くため)、上ばき、昼食、

              くつ袋(下足を入れます)、手さげ袋(ヒコーキを持ち帰る際に使います)

【ご参加にあたって】

       ・昼食をご持参下さい。近くのコンビニなどで購入することもできます。

               ・動きやすい服装でご参加ください。

【お申込み】

      メールにて npo.sense.of.wonder@gmail.com まで以下の内容を

      お送り下さい。

      件名:「折り紙ヒコーキ教室に申し込みます」

      ①保護者名(ふりがな)*複数可、②保護者性別、③保護者の生年月日、

      ④保護者の緊急連絡先(携帯番号など)、⑤児童の学校名、年組、

      名前(ふりがな)、⑥児童の性別、⑦児童の生年月日、⑧つきそいで未就学児がご参加の

      場合も名前、性別、生年月日をお知らせください

      *生年月日は保険加入のため必要となります 

【申し込み期間】 

     *定員に達したため現在キャンセル待ちを受け付けております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『戸田第二小学校で開催 東京大学工学系ゼミがデザインする科学の授業』

2011年12月3日(土)の科学の授業お申込みについて

 

こちらの記事は、埼玉県戸田市立戸田第二小学校で開催される

東京大学工学系ゼミによる科学の授業のお申し込みのための

ものです。

参加対象は、戸田第二小学校の5,6年生とその保護者になります。

詳しくは学校より配布の案内をご確認下さい。

 

<申し込みアドレス npo.sense.of.wonder@gmail.com

①件名「東大工学部の科学の授業に申し込みます」

②保護者名(ふりがな)*複数可

③参加児童の年組と名前(ふりがな)

④保護者の緊急連絡先電話番号

⑤参加を希望する授業名(「あげ物」、「消火」、「お化けの力」)

*参加の希望人数に偏りがある場合は、受ける授業が変更になる場合があります

 (変更はご連絡します)

センス・オブ・ワンダーの他の活動につきましては、別の記事を

ご確認下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『一般参加できます! マーシャ・リン教授の教育に関する講演会ご案内』

学ぶとは一体どういうことなの? 興味ある方はご参加下さい!

 

2011年11月13日(日) 

9月に東京大学工学部の皆さんと訪問した、カリフォルニア大学

バークレー校マーシャ・リン教授(Dr.Marcia Linn)が、来日されます。

(というか、もう土曜日にお迎えしています!)

マーシャ・リン先生は、カリフォルニア大学で「知識統合」という考え方を

軸にWISEというICTを用いた科学教育プログラムをデザイン、研究

されています。

こんな方と、私たちはディスカッションして帰ってきたのですから、やっぱり

すごいことです。

センス・オブ・ワンダーの科学講座はリン先生の考え方やWISEの

デザインも大いに参考にさせて頂いています。

今回は、なんとリン先生が東京大学工学部で講演をされます。

どなたでも参加できますので、是非、学習科学研究に基づく

ICTの活用法を聴きに来て下さい。

(日本の学校ではPCや大型モニターがただの板書省略のために

使われていたりします・・・)

 

『ICTを用いた教育におけるPedagogy』 

【日時】2011年11月15日(火) 15:15~16:45

【会場】東京大学本郷キャンパス工学部2号館212会議室

Photo

チラシダウンロード↓

「gciee1109.pdf」をダウンロード

 

東京大学工学部でのご案内はこちら↓
... http://www.t.u-tokyo.ac.jp/epage/event/2011/110801.html

 

そして講演の翌日の16日(水)には、リン先生が戸田市までいらっしゃいます。

戸田第二小学校の理科の授業と、自然科学クラブの活動を見学される

予定です。

今週の自然科学クラブの活動は、東大の工学理解促進プロジェクト

(工学系ゼミ)のメンバーがデザインしたものです。

子どもたちがどんな反応をするのか、またリン先生にどんなご意見が頂けるのか、

デザインしている学生さんたちもドキドキしていることでしょう。

 

で、ですね!

なんとその後、リン先生は我が家へ来られます。

成り行き上?私が自宅で運営している5年生の算数教室を見学される

ことになりました。

この日は、前回子どもたちがきれいに色を塗った「エラストテネスの

ふるいと素数」から公倍数、そして分数の通分へと進んでいく

予定です。

あまりにすごい方に来て頂くので緊張します・・・

でも教室の子どもたちは楽しみにしているようです!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »