« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

『英語の科学講座 アイスクリームを作ろう! 参加者募集中』

大好評だった英語の科学講座を開催します

*定員に達しましたのでお申し込みを締め切らせて頂きました

 

2012年2月26日(日)

皆さんは英語を使う機会はありますか?

話すチャンスはありますか?

日本の英語教育では「話す」ということはあまり重視されておらず

話すチャンスもなかなかありませんよね。

 

そこで、センス・オブ・ワンダーでは、英語を話す場面を組み込んだ

科学講座を企画しています。

今回は二回目の開催となります。

アイスクリームを作る楽しい講座となりますので、お楽しみに!

講座中の90分間は講師もスタッフも参加者も全て英語でのやりとりと

なります。

「英語なんで話せないかも・・・」

と思う方も大丈夫!

こちらで場面に応じた会話用の資料をお渡しします。

詳細は以下の通りです。

定員12名になりしだい締め切りとなりますので、興味がある方は

お早めにお申し込み下さい。

お申し込みは npo.sense.of.wonder@gmail.com   に、件名を「英語の科学講座を

申し込みます」として、本文に①参加者のお名前(ふりがな)、②性別、

③学校名、④学年、⑤保護者のお名前、⑥保護者の連絡先アドレス、

⑦保護者の電話番号をお送り下さい。

お父さん、お母さんも是非お越し下さい(見学は無料です)

 

日時:3月11日(日)19:00~20:30

場所:戸田市東部福祉センター 料理室

    http://www.city.toda.saitama.jp/10/9166.html

   埼玉県戸田市下前1丁目2番地20号

   最寄駅は埼京線戸田公園駅または京浜東北線蕨駅

   両駅どちらとも国際興業バスで約10分(東部浄水場下車) 

内容:英語で説明を聞きながらアイスクリームを作ります

    氷と塩を使って、凝固点降下、液化するときに熱を奪う現象、

     などを体験してもらい、最後はみんなで作ったアイスクリームを

        試食する予定です。    

対象:小学校5年生~高校生

参加費:\3000(材料費、資料代を含む)

    *準備の都合上1週間前よりキャンセル料が発生します

     3月4日~7日   キャンセル料 \1000

     3月8日~10日 キャンセル料 \2000

     3月11日(当日) キャンセル料 \3000  資料は送付させて頂きます

メインの講師は以下の2人を予定しています

・佐藤さん

(カナダに住んでいたバイリンガル 

東京大学大学院工学系研究科 修士課程1年生)

・日野さん

(イギリスに住んでいたバイリンガル 

 東京大学大学院工学系研究科 博士課程2年生)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『未来の車をデザインするサイエンスカフェを開催しました』

研究者だからこそ子どもたちに伝えられること

 

2012年2月26日(日) 

戸田市教育委員会の連携機関として、NPO法人センス・オブ・ワンダー

電気自動車のサイエンスカフェの企画と運営協力をしました。

この未来の自動車を考えるサイエンスカフェは、東京大学大学院

工学系研究科草加浩平教授をゲストスピーカーにお迎えして

2月18日に開催されました。

定員が少なく、戸田市の小中学生のみが募集の対象だったため、

こちらのブログではご紹介致しませんでした。

(申し込み開始15分で定員に達したそうです!)

 

草加先生は大学でも学生さんたちと一緒に車を中心とした「ものづくり」

に関わる様々な授業や活動をされています。

今回のサイエンスカフェは、まずは先生のご経歴と研究の話、そして16日に

帰国されたばかりの『ラリー・モンテカルロ・ヒストリック』でのエピソードなど

から始まりました。

ものづくりを楽しみ、世界を飛び回って活躍される先生のお話は、きっと

子どもたちには驚きの世界だったのではないでしょうか。

電気自動車の歴史の話、新しい移動手段としてのセグウェイの話を聞いた後は、

早速試乗に出かけます!

 

< 電気自動車の試乗 >

120218

 

ガソリン車(三菱アイ)電気自動車(三菱アイミーブ)を乗り比べて

みます。

草加先生のご指導の下、機械工学科の3年生の学生さん二人が

その違いを説明しながら運転を担当してくれました。

電気自動車はモーターの音が本当に静かで、近づいてきても分からない

ほどです。

歩行者の安全のため疑似音を出す装置もついています。

そんなに静かなのに加速はしっかり!

気になる充電は、専用の急速充電設備でも、家庭用電源からでも行えます。

現時点の問題の一つは、走行可能距離です。

エアコンなどを使うことを考えると100キロほどだそうですが、普段の街乗り

なら問題なさそうですね!

 

< セグウェイ >

120218

 

試乗の様子を撮影する暇がなかったのですが、大人よりも子どもの方が

上手だったのだとか。

こちらは航空宇宙工学専攻博士課程2年生の学生さんがお手伝いして

くれました。

セグウェイは体重移動によって行きたい方向へ進んでくれるので、

慣れれば体の一部のように乗りこなせそうです。

日本ではまだ公道で乗ることはできませんが、草加先生がおっしゃるには

フランスのニースでは公道をセグウェイが走っていたそうです。

日本でも将来セグウェイを街で見かける日が来るかもしれませんよね。

 

試乗の後は、親子チームで未来の自動車をデザインします。

どのようなエネルギーで動くのか、どのような仕組みで動くのか、もっと

便利な機能はないか、そもそも自動車って何なのか、そんなことを考え

ながらデザインしてもらいまいました。

最後に各チームで考えた未来の自動車を発表してもらいます。

草加先生は、一つ一つのデザインに丁寧にコメントをして下さいました。

「そのアイデアは、今東大でも研究されているんですよ」

「その方法には問題があると分かって、今は研究が中断されているんです」

という草加先生のコメントは、絵に描いただけの未来の自動車を、現実と

結びつけてくれます。

今何が足りなくて、何が足りているのか。

研究者だからこそ、今の技術の可能性も、限界も、子どもたちに伝え

られるのですね。

現実に向き合った子どもたちはきっと

「それならぼくが続きを開発したい!」

「私ならもっと新しいアイデアがでるかも」

と自分の可能性を感じたことでしょう。

 

こういう体験ができるサイエンスカフェを、私たちセンス・オブ・ワンダー

とても大切な活動と位置付けています。

今後とも皆様のご支援をお願い致します。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東大工学系ゼミが伝える3つの授業 「慣性力」「消火(燃焼)」「背が伸びるに

動画だって作ってしまいますよ!

 

2012年2月2日(木) 

大学ではそろそろ冬学期のゼミが終了します。

NPO法人センス・オブ・ワンダーが協力している科学の授業をデザインするゼミ

(工学理解促進プロジェクト)では、今学期2回目の実践授業を明日、2月3日(金)

に行います。

ゼミはこれで終了となります。

実践場所は埼玉県戸田市立戸田第二小学校です。

戸田第二小学校の先生方、PTAの皆様、ご協力ありがとうございます。

 

今日は明日使う動画をご紹介します。

「慣性力」の授業をデザインしたチームが作ったものですが、大学から

椅子を借り、JRまで運び(かなり遠い!)、電車の中と外から撮影した

のだそうです。

(女子高生に笑われたのだとか・・・)

表情を変えないで椅子ごと滑って行く木村君(4年生)、ステキです!

電車の外から撮影したものと併せて見ると、なるほど、椅子は外から

見ると動いていないことが分かります。

 

○慣性の法則~車内から見ると人は動いている

 http://www.youtube.com/watch?v=uSKxSfZHSkE&feature=related

 

○慣性の法則~ホームから見ると人は止まっている

 http://www.youtube.com/watch?v=c5jXCrTnF7g

 

それにしても、毎回授業テーマに真摯に向き合い、全力で授業を創り出す

学生さんたちには頭が下がります。

明日は子どもたちがどんな反応をするのかとても楽しみです。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »