« 『宇宙をテーマにした第9回ジュニアサイエンスカフェを開催します!』 | トップページ | 『会員様限定企画 ロボットの材料を探しに行こう!in秋葉原』 »

『ジュニアサイエンスカフェ 楽しく宇宙開発体験できました!』

月面で動く乗り物を設計して、月の世界を身近に!

 

2012年12月26日( 

本日、NPO法人センス・オブ・ワンダー主催のジュニアサイエンスカフェ

『地球の大気と重力から脱出しよう~宇宙開発体験~』を開催しま

した。

小学生、中学生、そして保護者の皆さんで、会場は満席となりました。

企画の段階から、予備実験やワークショップまで相談にのって

下さったJAXAの三輪田真さん、小麦粉だらけになりながら実験を

してくれたり、走り回ってくれた工学部生の皆さん、裏方で頑張って

くれたNPOの皆さん、そして寒い中参加してくれた皆さん、皆様の

お陰で楽しくて宇宙を身近に感じられるサイエンスカフェになりました。

本当にありがとうございました。

 

さて、今日のサイエンスカフェは、まずは三輪田さんの宇宙の

お話から始まりました。

三輪田さんは、サッカーボールとテニスボールを使って、宇宙での

距離感サイズ感を分かりやすく説明して下さいました。

「宇宙に行くには?」など、子どもたちの好奇心に応えるような

話から、宇宙ステーションの話、「はやぶさ」が採取した微粒子の話、

現在の宇宙開発のお話など、現場にいらっしゃる三輪田さんならでは

のお話を聞くことができました。

 

< 月と地球の距離感とサイズ感 >

1212260050s

 

< 「はやぶさ」の話など >

1212260150s

 

三輪田さんからのお話の後は、参加してくれた子どもたち自身が

月面で動かせる人力の乗り物を設計します。

とはいっても、いっきに月面の乗り物を設計するなんてとても無理な

話ですよね!

まずは、地球上にある人力で動かせる乗り物を挙げてもらいました。

1分間でいくつ思いつけるか、7つのグループで競争です!

子どもたちからは自転車キックボードなどが出てきました。

私たちの方では、出てきた乗り物の特徴を「接地面」に注目して分類し

ホワイトボードに書いていきます。

それは月面で乗り物を動かすためには、レゴリスという砂が厄介で

月面にどう接地するかの対策を考える必要があるからです。

レゴリスは、ぎざぎざしていてひっかかりやすく、とても細かくて軽い

のだそうです。

三輪田さんが、レゴリスシミュラント(レゴリスに似せて作った砂)

と普通の砂の性質の違いが分かる砂時計を持ってきて見せて下さいました。

さらに子どもたちには月面の砂、レゴリスについてイメージをつかんで

もらうために”レゴリスに似た安全なもの”で実験をしてみました。

安全でレゴリスに似たもの・・・それは小麦粉です!

小麦粉はレゴリスほどぎざぎざしてはいませんが、身近にあり、安全で

イメージをつかむには良いのです。

 

さあ、実験だ~!

三輪田さんが見守る中、工学部生が中心となって実験を見せます。

 

< 小麦粉の上で様々なものを動かして見せます >

1212260250s

 

身を乗り出して覗き込む子どもたちから、ワクワクが伝わってきます!

 

< 多足型ぜんまい仕掛けおもちゃも頑張っています!? >

1212260150s_2

 

参加者のお兄ちゃんについてきた弟くんも、楽しくて楽しくて!

箱に顔をつけて覗き込むので、ほっぺに白い線ができたほとです。

 

月面がイメージできたら、次にふかふかの小麦粉の上では何が原因で

うまく動かないのかを考えます。

グループ毎にこの問題の対策を考えて、設計の方針を決めます。

 

< 紙粘土や竹串などを使って形を作ります >

1212260150s_3

 

そしてその方針を基に、一人ずつ粘土で乗り物をデザインしていきます。

最後は、各自作った乗り物を手に持って、グループ毎に設計の方針

発表してもらいました。

大きな太いタイヤにする、戦車のようなものにする、進みながら前の

砂をかき分けていく、などなどグループ毎に様々な方針が発表され

ました。

 

三輪田さんは、講評の中で

「宇宙に限らず車でもなんでも、新しいものをデザインする時には

案を形にしていくことが大切ですね」

ということもおっしゃっていました。

今回のサイエンスカフェでは、宇宙のことだけでなく、問題を見つけて

整理し、その対策を考えて形にするということも体験してもらいました。

これらは、科学に限らず日常の中で何か問題にぶつかったときにも

使える方法ことでもあります。

参加した皆さんは、きっと宇宙を身近に感じ、また科学的に考える

 

プロセスを体験してくれたのではないかと思います。

もしかしたら将来、今回子どもたちが考えたような月面車が、月面を

走っているかもしれませんよね!

 

サイエンスカフェは私たちの活動の原点です。

センス・オブ・ワンダーは、今後もセンス・オブ・ワンダーの企画

でなくては体験できない内容の講座やイベントを開催していきたいと

思っています。

(イベントのお知らせなどは、会員の皆様に定期的にご連絡させて

 頂きます)

 

|

« 『宇宙をテーマにした第9回ジュニアサイエンスカフェを開催します!』 | トップページ | 『会員様限定企画 ロボットの材料を探しに行こう!in秋葉原』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/48479680

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジュニアサイエンスカフェ 楽しく宇宙開発体験できました!』:

» 【サイエンスカフェレポート】第9回 ジュニアサイエンスカフェ in 戸田「地球の重力と大気から脱出しよう -宇宙開発体験-」(12/26) [Science and Communication]
サイエンスカフェ日記 ~NPO法人 センス・オブ・ワンダー~に公開されておりました. ここ [続きを読む]

受信: 2013年1月 6日 (日) 19時46分

« 『宇宙をテーマにした第9回ジュニアサイエンスカフェを開催します!』 | トップページ | 『会員様限定企画 ロボットの材料を探しに行こう!in秋葉原』 »