« 『東大の研究者と川を科学する!ジュニアサイエンスカフェを開催します』 | トップページ | 『地球46億年の歴史をたどる 小中学生向けサイエンスカフェ準備中』 »

『川の実験で大発見! サイエンスカフェ楽しく開催しました』

サイエンスカフェ参加者もスタッフも楽しめました!


2014年12月22日(月)
 

12月13日に東京大学大学院工学系研究科から知花武佳(ちばなたけよし)

先生をお招きして「川」をテーマにしたサイエンスカフェを開催しました!

準備からとっても楽しくて、当日もスタッフ一同参加者と共に満喫した

サイエンスカフェとなりました。 

参加者は16組の親子で、お手伝いの大学生(東京大学工学部と大学院

工学系研究科の皆さん)が9人、私たちと先生を入れるとスタッフだけで

総勢12人という、とってもスタッフの多い賑やかなサイエンスカフェと

なりました。

 

最初は知花先生のお話から始まりました。

まずは先生から質問。

「川で遊んだことある人~!」

あれれ? あまりいませんね。

先生からは、年齢別の危ない川(例えばお父さんが危ないのは

深い場所の水温が低い湖など)の説明があり、

「安全に気を付けて川で遊びましょう!」

というお話からスタート。

そしてみんなで過去の水害の動画などを見ると、流されていく家々・・・

川って怖い!!

「今は国が川を管理しているように見えますが、もともとは川の

周りに住んでいる人たちがそれぞれ管理していました。」

と知花先生。

昔は川の管理が基で村同士で喧嘩になることもしょっちゅうだった

そうです。

それほど、身近で厄介で、でも役に立つのが川だったというわけですね。

そして、今でもやはり川は怖いものであり、多くの恵みを与えてくれる

ものであることに変わりはないのです。

 

<知花先生のお話>

Img_2346s

 

そしてここで先生から参加者に課題が出されます。

「目の前にある川の実験装置には両岸に家が建っています。

この家が流されないように堤防を工夫して作って下さい。」

なんだかポンプがついて楽しそうな装置が目の前に置かれて

いるので、子どもたちもそわそわです。

 

< 知花先生の研究室で作ってもらった実験装置 >

Img_2415s

 

まずは、川の観察方法と装置の使い方について先生と博士課程の

原田さんがデモをして下さいました。

 

< 川の実験のデモ >

Img_2354s

 

このみんなのわくわくした顔!

実はこの周りにいるスタッフたちも負けず劣らずわくわくした顔をして

いたのですけどお見せできなくて残念!

 

実験の方法が分かったところで、各班に分かれて実験開始です!

川に水を流して、4軒の家が2分間ほど流されなければOKです。

ワークシートを使って、うまくいかない場合はどこがうまくいかないのか

書きとめていきます。

あとで聞いたところによると、メモ係はもっぱら大学生のお兄さん

お姉さんになっていたのだとか。

 

< 実験の様子 >

Img_2361s

 

Img_2375s

 

今回は2種類の実験装置を準備してもらいました。

片方の装置では、堤防を作っても作っても水が染み出てきて崩れてしまい

子どもたちはとても苦労していました。

これは砂の粒の大きさの割合によるところが大きく、最後に知花先生から

説明があったのですが、実際にも起こることだそうです。

水が染み出てしまうのは、大きな砂と小さな砂の間に隙間ができてしまう

からだそうです。

 

< 砂の大きさの説明 >

Img_2407s

 

また、割と堤防を作りやすかったもう一つの装置でも、2分間流す

うちに河口に砂が堆積してしまい、水が逆流する現象が起こることも

ありました。

これもまた現実にはあることで、実際には河口では砂を取り出して

運ぶ船が活躍しているのだそうです。

 

さて、子どもたちの実験はうまくいったのでしょうか?

実験結果を大学生のお兄さんお姉さんとまとめて、班の代表が

発表します。

 

< 実験結果をまとめて発表する様子 >

Img_2393s

 

Img_2398s

 

川を複数作った班や、プールを作って流量を調整した班など

どの班の解決方法も実際に行われているすぐれた方法でした!

これには先生もとても関心しておられました。

発表もとても上手にできました。

 

今回のサイエンスカフェでは、身近で、大きな恩恵を受けているにも

関わらず意外と気に留めたことがない川、そして治水ということを

考えてもらいました。

そして、この治水を考える河川工学という学問は、川から歴史、数学
 
物理
などなど、様々な勉強につながっているというお話を知花先生が

して下さいました。 

あっという間のサイエンスカフェでしたが、参加者の中から未来の

河川工学者が誕生するかもしれません。

2年ぶりのサイエンスカフェは私たちにとってもとても楽しいものと

なりました。

この勢いで、大人のサイエンスカフェも企画してしまおうと盛り上がって

います。

テーマは「宇宙」辺りが良いかな~

知花先生の「日本全国川めぐりの旅」のお話もいいな~

美味しいお店で、ワインでも飲みながらサイエンスカフェができたら

いいな~と思っています。

 

NPOへのご入会も随時受け付けています。(年会費:1家族2000円)

お問い合わせは npo.sense.of.wonder@gmail.com まで。

 

 

|

« 『東大の研究者と川を科学する!ジュニアサイエンスカフェを開催します』 | トップページ | 『地球46億年の歴史をたどる 小中学生向けサイエンスカフェ準備中』 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098755/58343529

この記事へのトラックバック一覧です: 『川の実験で大発見! サイエンスカフェ楽しく開催しました』:

» 【サイエンスカフェレポート】第10回 ジュニアサイエンスカフェ「川を知り,川を治め,川と生きる」(12/13) [Science and Communication]
ブログ「サイエンスカフェ日記」にアップされておりました. ここ [続きを読む]

受信: 2015年1月 5日 (月) 19時29分

« 『東大の研究者と川を科学する!ジュニアサイエンスカフェを開催します』 | トップページ | 『地球46億年の歴史をたどる 小中学生向けサイエンスカフェ準備中』 »