« 2016年10月 | トップページ

2016年11月

『研究者の研究手法に触れるジュニアサイエンスカフェ、大盛会でした!』

研究者に直接会えるジュニアサイエンスカフェ開催しました。 

2016年11月21日(月) 

11月19日に、東邦大学山口耕生先生をお招きして、小中学生の

親子を対象とした第12回ジュニアサイエンスカフェを開催しました。

お手伝いには、東京大学大学院工学系研究科のゼミの受講生だった

学生さんたちや卒業生などが来てくれて、いつものようににぎやかで楽しい

サイエンスカフェとなりました。

先生の恐竜大絶滅に関連するご研究は、11月18日に論文がサイエンス誌

掲載されたばかりで、とてもホットなテーマに触れることができました。

( The formation of peak rings in large impact craters

  http://science.sciencemag.org/content/354/6314/878 )

 

サイエンスカフェは山口先生のクイズで始まりました。

まずはみんな立って、間違えた人から座っていきます。

「40~30億年前、大陸は今よりも大きかったか小さかった?」

なんて問題には、物知りの子どもたちが多かった今回のサイエンス

カフェでも、さすがに多くが脱落!

クイズでウォーミングアップをした後は、いよいよ恐竜大絶滅の

なぞに迫ります。

 

< 山口耕生先生 >

_000_8_s

 

今回のサイエンスカフェでは、せいぜい12、3年しか生きていない

子どもたちに、どうやって46億年という時間スケールを感じて

もらうのかというのも課題でした。

そこで先生と相談して私たちが準備したのは4.6メートルの巻物

です。

 

< 地球46億年を4.6mにまとめた巻物 >

_005_s

 

この巻物では、人類の繁栄は最後のたった5ミリメートルという衝撃!

しかも、「あれ?恐竜って意外と最近?」という感覚になってきます。

 

巨大な隕石がユカタン半島沖に衝突したという話までは多くの子どもたちが

すでに知っていました。

人類が存在していない大昔のことが調べられる証拠の一つに、地下に

眠る堆積物(コア)があります。

そのコアは掘って手に入れるわけですが、スコップで掘るのでしょうか?

いえいえ、それでは積み重なった順番もぐちゃぐちゃになってしまいますよね。

ここで登場するのがコア採取用の長い筒です。

まだ地層さえ知らない子どもたちもいるので、私たちは子どもたちが

実際に模擬体験でコアを採取してもらえる道具を準備しました。

 

< コア採取の模擬体験 >

03__s

 

02_s

 

研究者でなくても、この中に宝物が隠れているようでワクワクします。

実際に私たちは化石(に見立てたビーズ)を隠しておきました。

 

< 本物のコア > *東北大学プレスリリースよりお借りしました

Tohokuunivpress20161116_01

 

そしていよいよ本題に入ります。

「どうしてユカタン半島沖の隕石の衝突で恐竜が死んでしまった

のでしょう?」

という先生からの問いにも、子どもたちからは

「落ちた時に大きな津波が起きたんだよ!」

「大火事が起きたからだよ」

「すすで空が覆われて、太陽光線が届かなくなったから」

と先生も驚く答えが返ってきます。

そこで先生は、

「どうして火事が起きたんだろう?」

「どのくらいの大きさの津波だったのだろう?

「太陽光線が届かないとどんなことが起こる?」

と、子どもたちの答えから、恐竜大絶滅へつながるストーリー

考えさせます。

知識としては知っていても、きちんと論理立てて説明するのことは

大人にとっても難しいもので、これが今回のサイエンスカフェのテーマ

でもありました。

 

さて、ここまで考えたところで、知識で知っている隕石の衝突が、

一体どのくらい巨大なエネルギーを生み出したのかを感じて

もらう実験をします。

 

最初に、ミニ空気砲空気の力を体感します。

実際には衝突時の風圧で多くの恐竜が死んだのだそうです。

 

< ミニ空気砲の実験 >

01__s

 

続いて、隕石の模擬衝突実験をします。

 

< クレーターのでき方を観察する実験 >

_002_s

 

02__s

 

隕石がぶつかった部分は砂が波を打ってクレーターを作りました。

同じように津波も起こったと考えられます。

力いっぱいなげても大して大きなクレーターはできないこともわかりました。

直径160キロものクレーターができるための力なんて、どれほど大きな

力なのでしょう。

 

< 砂の飛び散り方を調べる実験 >

_009_s

 

隕石は、実際には30度という角度で海底にぶつかったことが分かっています。

同じように砂にぶつけてみると、一定の方向へ砂が激しく飛び散ることが

観察できます。

これが岩石の破片であれば、まるでミサイルのように恐竜たちを襲った

違いありません。

 

理科室に戻り、子どもたちは実験結果もふまえてグループワーク

移ります。

グループワークの手順は以下の通りです。

 

1.恐竜が生きていくためには何が必要だったのかを書き出す

2.なぜそれがなくなったのかを考えて絵で表し、恐竜絶滅の原因を

  説明する

 

絵を描くといっても、恐竜を素早く描くのはなかなか難しいため、白亜紀に

いたであろう恐竜たちをイラストで準備をしておきました。

 

< 恐竜が生きていくために必要なものを書きだす >

02__s_2

 

< 論理的にストーリーを組み立てて絵に表す >

_050_s

 

_000_9_s

子どもたちの真剣な議論に、山口先生も思わずにっこり。

 

< グループ毎の発表(3年生~中学1年生) >

_004_s

 

_006_6_s

 

どのグループも、それぞれの根拠に基づいてストーリーが

組み立てられていました。

山口先生から講評を頂き、最後に先生からは

「こういうようにストーリーを組み立てて調べるということは、私たち

研究者はいつもやっていることなのです」

というお話がありました。

そして先生の、

「今回は恐竜大絶滅のお話でしたが、私の関心は生命にあります。

こんな地球上の大事件があったからこそ、また生まれたり復活したりする

生命があるのです」

という言葉でサイエンスカフェは締めくくられました。

 

壮大な地球の物語を子どもたちは感じてくれたでしょうか?

この中から、近い将来、科学者、研究者が生まれるのかもしれません。

 

サイエンスカフェが成功に終わったのも、快くゲストスピーカーを引き受けて

下さった山口耕生先生、お休みにも関わらず会場を貸して下さり、当日も来て

下さった高砂小学校の先生方、参加して下さった皆様、準備から当日まで

手伝ってくれた東京大学大学院工学系研究科の学生さん、卒業生のみなさん、

そしてセンス・オブ・ワンダーのスタッフのお陰です。

ありがとうございました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『研究者と同じ方法で地球の歴史をひもとくサイエンスカフェ!』

小中学生親子参加のサイエンスカフェ申し込み受付中!

 

2016年11月5日(土) 

11月19日に開催する、第12回ジュニアサイエンスカフェのテーマは

地球物理学!

東京大学大学院理学系研究科で修士号、ペンシルバニア州立大学で

博士号を取られ、JAMSTEC(海洋研究開発機構)などを得られて

現在は東邦大学准教授を務められている山口耕生先生をゲスト

スピーカーにお迎えします!

先日、先生の研究室へお伺いして、ドイツ、ブレーメンから持ち帰った

ばかりの、とれたてほやほやのコア試料を見せて頂きました。

ユカタン半島沖の、あの隕石が衝突したまさにその地点の海底に

堆積する岩石で、とても貴重なものです。

なが~い筒のようなものをさして採取するので、コア試料はその後輪切り!?

になります。

半円分は永久保存されるのだそうです。

 

<ユカタン半島沖で採取された試料の一部>

_01

_02

先生と、当日のストーリー展開や、実験の内容を打ち合わせて、

あとは予備実験と色々必要なものの制作です。

 

間違いなく楽しいサイエンスカフェになります!

そろそろお席が埋まってきましたが、参加ご希望の方は下記の要領で

お急ぎお申込み下さい。

○第12回ジュニアサイエンスカフェ

 「46億年の事件簿 地球のなぞとき体験!

      ~キョウリュはなぜほろんだのか~」
 

日 時:2016年11月19日(土)13:30~15:30(受付けは13:15から)

会 場:さいたま市立高砂小学校理科室(JR浦和駅より徒歩1~2分)
 
主 催:NPO法人センス・オブ・ワンダー
 
後 援:さいたま市教育委員会
 
ゲストスピーカー:山口耕生先生
           東邦大学理学部化学科 准教授
           NASA Astrobiology Institute/Associate Member
           早稲田大学 国際教養学部 非常勤講師   
 
参加費:無料
 
内 容: ・地球の歴史の大事件のお話
      ・地球の歴史をときあかす方法や研究のお話
      ・地球の歴史の大事件をいっしょにときあかそう!
      (実験などを予定しています)
      ・最新の研究成果についてのお話 *内容は変更になることがあります。
 
持ち物:      筆記用具、上ばき、タオル
 
お申込み:メールにて下記の①~⑥の内容をお送りください。
       件名を「ジュニアサイエンスカフェに申し込みます」として下さい
       ①児童、生徒の名前(ふりがな)
       ②児童、生徒の性別
       ③児童、生徒の学校名と学年
       ④参加する保護者の名前(ふりがな)
       ⑤連絡先電話番号 ⑥連絡先Emailアドレス 
      *中学生は生徒だけでの参加が可能です。その場合④は不要です。
          お申し込み先アドレスは npo.sense.of.wonder@gmail.comす。
 
定 員: 50人 小学校4,5,6年生とその保護者及び中学生
     お申込み多数の場合は先着順で締め切らせて頂きます。
 
締切り: 2016年11月12日(土)18:00到着分まで。
 
_web
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ