学問・資格

【専門家に出会えるジュニアサイエンスカフェ開催しました!】

空をの上で起こっていることを考えたジュニアサイエンスカフェ

大盛況でした

 

2019年10月28日(月)

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、10月19日(土)に、さいたま市立高砂小学校

理科室(JR浦和駅西口より徒歩2分)で、第15回ジュニアサイエンスカフェを開催

しました。

ゲストスピーカーは東海大学教授の新井直樹先生でした。

先生は大学で航空気象を教えていらっしゃっていて、今回のテーマも気象。

空の上で何が起こっているのかについて、水の状態変化を追いかけることで、その

不思議さや美しさまで感じることができるサイエンスカフェとなりました。

 

「雲はなぜうかんでいるのでしょう?」

先生のお話はそんな質問から始まりました。

 

<子どもたちに優しく語りかけて下さる新井先生>

Img_8293

Img_8295

 

そして雨にも冷たい雨と温かい雨があること、冷たい雨が雨になったり雪になったりする

ことなど、身近なのに実はよく知らなかった水や雨のことについて教えて頂きました。

冷たい雨は衝撃を与えたり、何かにくっついて成長すると雪になります。

水の状態が変わることは知っていても、どうやって変わるのかについて聞いたのは

ほとんどの子どもたちが初めてだったに違いありません。

 

「雨粒のの形は?」

の問いに子どもたちは大いに悩み、それに対する先生の回答はとても興味深い

ものでした。

しずく型ではないんですよ~

 

このような先生の前半のお話の後は少し休憩にしたのですが、引き続き先生は

お父さん、お母さんに囲まれたまま、たくさんの質問に答えて下さいました。

 

<お父さん、お母さんの質問に丁寧に答えて下さる新井先生>

Img_8391s

Img_8296

 

そして後半では楽しい実験!

「実際に空の上ではどのようなことが起こっているのか」について、ドライアイスを

使って雲の中を再現します。

ここのパートは、事前に予備実験もしてくれた東大工学系ゼミの卒業生たちが

子どもたちをリードします。

 

<子どもたちに実験方法を説明するゼミ卒業生>

Img_8393

 

実験開始!

実験装置の中には、何やら白いものが生えて?来ました。

 

<実験装置の中>

Img_8292

 

「このもやもやしたものは何でしょう?」

「何もないペットボトルの中に突然現れたのはどうしてでしょう?」

「材料はなんだと思いますか?」

ゼミ卒業生から子どもたちへ問いかけます。

 

<観察する子どもたち>

Img_8394

 

子どもたちはじっと観察して

「もしかして水じゃない? お湯を入れたんだから水蒸気だよ!」

という声が上がります。

その通り、材料は目に見えない水蒸気なのですよね。

「今日の湿度を基に計算してみると、この教室の中にもだいたい2リットルくらいの

水蒸気があるはずですが、目には見えませんね!」

と、見えない水蒸気を意識させる話へと発展させていきます。

グループワークでは、実験で見た雪の結晶から、目に見えない水蒸気について思いを

巡らし、身近にはのような場面で水蒸気の存在を感じたかを考えて発表して

もらいました。

 

<グループワークで意見を出す子どもたち>

Img_8395

 

子どもたちからは「冷やしたペットボトルの周りについた水滴の話」や、「スーパーの

冷凍庫付近で目撃したゆげのようなもの」、などたくさんの場面が出てきました。

 

後半の新井先生のお話の中には、冷たい雨の中を飛行機が飛ぶと、その衝撃で雨は雪(氷)

になって飛行機にくっついてしまうというお話もありました。

今回のサイエンスカフェでは、気象に大きく関係する「見えない水蒸気」を感じてもらう

ことが一つのゴールでしたが、新井先生の楽しいお話を聞き、美しい雪を作る実験をした

子どもたちは、きっと見えない水蒸気を感じてくれたことでしょう。

空を見上げた時には、雲の中で起こっていることを想像してくれるに違いありません。

 

新井先生は、南極越冬隊員としての現地での観測のご経験もあり、その話も聞きたかった

という参加者からの声もありました。

ぜひまた先生をお招きして色々とお話を伺いたいと思っています。

 

最後に、スタッフ一同で、一足先に先生を囲んで南極のお話をきいちゃいました!

身を乗り出すスタッフの様子を見るだけでも、どんなに楽しい話だったか伝わりますよね。

Img_8314

Img_8315

 

新井先生、長い時間本当にありがとうございました。

ぜひまたサイエンスカフェのゲストスピーカーとしてお越し下さい。

そして予備実験から当日まで、社会人の貴重なお休みを返上で手伝ってくれた

東大工学系ゼミのみなさんも、ありがとうございました。

子どもたちの科学の芽、育ったかな。

 

| | コメント (0)

10月19日 「気象」をテーマにしたジュニアサイエンスカフェ開催!

第15回ジュニアサイエンスカフェを催します

 

2019年10月3日(木)

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、10月19日(土)に、さいたま市立高砂小学校

理科室(JR浦和駅西口より徒歩2分)で、第15回ジュニアサイエンスカフェを開催します。

今回のテーマは「気象」でゲストスピーカーは東海大学教授の新井直樹先生です。

先生は大学で航空気象学を教えていらっしゃるだけえなく、南極の越冬隊として調査観測を

されたご経験もあります。

常に自然の美しさ、神秘、厳しさと向き合われている先生から、どのようなお話が聴けるのか

とても楽しみです。

そして今回もまた東大工学系ゼミの卒業生たちがお手伝いに来てくれます。

いつものようににぎやかで本気の科学講座になることでしょう。

お楽しみに。

*10月2日時点ですでに満席となりました

 

〇第15回ジュニアサイエンスカフェ

「空の上で起きていること-天気はどのように決まるのか-」


日時:10月19日(土)13時30分~15時

場所:さいたま市立高砂小学校理科室
   (JR浦和駅西口より徒歩3分)

ゲストスピーカー:新井直樹先生(東海大学工学部航空操縦学教授 気象予報士)

内容:身の周りで起こる現象や天気の予測についてのお話

   先生のお話を基にグループワークや実験など

   グループワークの講評と先生のお仕事からつながる未来のお話

   *内容は変更になることがあります

お手伝い:東京大学大学院工学系研究科卒業生の皆さん

対称:小学校4年生以上の親子2人1組で応募可

参加費:無料

 

Flyer

 

お問い合わせは npo.sense.of.wonder@gmail.com まで。

*「@」を半角に替えてご利用下さい

 

| | コメント (0)

『2019年GW 専門家による小学生向け科学講座を開催します!』

2019年GWの小学生向け科学講座

「空飛ぶバイク」と小学校理科のつながりを感じよう! 

 

2019年4月4日(木)

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、ゴールデンウィーク中の4月29日

最高の講師とスタッフ陣で本気の小学生親子向け科学講座を開催します。

今回のテーマは空飛ぶバイク!

テーマは、先日発表されたばかりの「ホバーバイク」という空飛ぶバイク。

http://www.news24.jp/articles/2019/03/25/06423935.html

 

こんな夢のような技術も、ベースにあるのは基本的な科学の理論。

小学校や中学校で学ぶ理科は大切なのです。

基本的な科学理論と最新技術がどのようにつながるのかなどを感じてもらい、

課題を論理的に考えるミニエンジニア体験などできる講座にしたいと検討中です。

 

〇空飛ぶバイクの物語〜夢を形にする科学〜

日時: 4月29日(月)10時〜11時30分ごろ

場所: 武蔵浦和コミュニティセンター

   (JR武蔵浦和駅からスカイウオークで繋がってます)

講師: 佐藤太紀

   東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻卒業。

   その後、大手コンサルティング会社で世界を飛び回り、現在は株式会社

   A.L.I.Technologiesにてドローンやホバーバイクのプロジェクトを担当

   しています。

サポーター: 東京大学工学系ゼミ卒業生など

内容:・夢をかなえるための科学

   ・基本的な科学理論の体験

   ・科学を使って未来を考えよう(検討中)

対象: 小学生1年生〜6年生の親子、中学生は子どもだけで参加可能(会員でない

    方は年会費2000円でご入会いただく必要があります)

参加費: 材料費として1人500円程度の予定

申込方法: こちらのフォームよりお申込み下さい

     https://forms.gle/AsD5gUQWBMwiysYB6

 

 

 

| | コメント (0)

『研究を身近に感じられる東大五月祭ツアー開催しました!』

受験勉強の先にある学びを体験できる貴重な機会 

 

2017年6月1日(金) 

5月20日、21日東京大学本郷キャンパスで開催された五月祭

ご案内する「五月祭ツアー」を、NPOでは20日に開催しました。

「大学の学園祭なんて小中学生が行って楽しめるのかな?」と思って

いらっしゃる皆さんも多いと思います。

また、もし「行ってみよう!」と思っても、どこを見たらいいのか休憩

場所はあるのか、などなどわからないことだらけですよね。

それでも行ってみる価値がある!と私は思っています。

とはいえ、思いつきで子連れで出かけてしまうと、参加したい企画は

すでに整理券が配布された後だったり、行ってみたものの小中学生

には難しすぎて楽しくなかったり、さらに模擬店で食べ物を買うのだって

大変だったりと、人ごみに疲れて帰ってくるだけになってしまい

そうです・・・

そんな皆さんをサポートするためにNPOで始めたのがこの「五月祭

ツアー」でした。

今年も会員さんだけで満員となり大変好評でした!

 
<農正門から入るとこんな休憩所が!>

_007


 

工学部集合だったので、農学部を通るもおいしそうなビールには目も

くれず工学部のキャンパスに向かいます。(当たり前か・・・)

五月祭初日の午前9時40分集合でしたが、すでにたくさんの人たちが

キャンパス内を歩いていました。

 
 

私たちが最初に向かったのは工学部14号館の精密工学専攻の展示

です。

テンセグリティを体験できるとあって、早くも席はいっぱい。

私たちはちょっと待って体験することができました。

まるで木が宙に浮いたように見える不思議なテンセグリティの

工作です。

 
<テンセグリティ教室>

_004

_002s
 
_005

 
 

続いて同じフロアで行われていた「精密スイッチ」という企画にも

行きました。

ビー玉が数々の難所を潜り抜けてミッションをコンプリートして行く

様子を、子どもたちと興味深く見守りました。

最後に現れたのは・・・・!!

 

<精密スイッチ>

_007_1s

_000

 
 

次は毎年恒例の工学部7号館(航空宇宙工学専攻)へ。

ここでは自由に見学しつつ、鈴木・土屋研究室のフライトシミュレーター

体験しました。

飛行機の操縦の仕組みを説明するために使われていた模型は、NPOの

メンバーがかつて博士課程にいた頃の手作りのものです!


<フライトシミュレーター>

_005_1

 

<手前の模型は操縦の仕組みを説明するためのもの>

_006

 

7号館で航空機やロケットの展示を見た後は、工学部4号館へ移動です。

マテリアル工学専攻では、七宝焼きを作ることができたり、高分子ゲルで遊んで

みたり、金蒸着(金メッキ?)を体験したりで大人も子どもも盛り上がりました!

 

<七宝焼き体験中>

_001_1s

  

小さいお子さんも一緒だったので楽しんでもらえるかどうか心配でしたが

それぞれの年齢に合わせて思い思いに楽しめたようです!

参加した子どもたちは、解散後にも色んなところを回ったと聞いています。

「本格的で大人でも見ごたえがありました」
 
「時間を効率的にショートカットできて良かったです」
 
「子どもの興味を引き出す楽しさを知りました」
 

などの感想を頂きました。

 

お休みの日なのにツアーを手伝ってくれた博士課程3年生と修士課程

2年生の工学系ゼミのOB(NPOのメンバー2名がそのゼミを担当して

いました)、遠くから駆けつけてくれた卒業生、ありがとうございました!

暑かったね~

 

夏休みには、秋葉原で工作の材料調達ツアーでもしようかなと考えて

います。

お楽しみに!

 
 

NPOの活動の興味がある方はこちらまでお問合せください↓

E-mail  npo.sense.of.wonder@gmail.com

*”@”を半角に替えてお送りください



 
 

 



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ジュニアサイエンスカフェ in 戸田 開催しました♪ ~後編~ 』

2008年10月18日(土) 晴れ

10月18日(土)に開催しました『ジュニアサイエンスカフェ in 戸田』 の

後編です!

 

サイエンスカフェの前半では、JAXAからお招きした三輪田真さんが、

宇宙の話、宇宙ステーションの話、ロケットの話、そして地球観測衛星

「だいち」のお話をして下さいました。

「だいち」から送られてきた世界各地の様子を見ながら、地球の様子を

観察しましたよ。

そしてこのお話の後、自分たちが住む戸田市の10年後について想像し

絵を描いてみました。

45分という短い時間の中で、10年後の戸田市について思い思いの

作品が出来上がりました。

・・・とここまでを前編でご紹介致しました。

 

できあがった作品はというと、多くは、緑の多い、ちょっと昔の日本の様子を

思い出させるようなものでした。

「だいち」から見た今の戸田市は、あまりにも緑がなく、ほとんど”グレー”

でしたので、子供たちも何か感じるところがあったのかもしれません。

出来上がった作品はグループ毎に発表しました。

 

< 発表する子供たちと 絵を持つ保護者 >

*画像はクリックで拡大できます

08101830

 

 

 

 

発表の準備時間はほとんどなかったにも関わらず、子供たちの多くは

メモも見ず、自分が考えたことを自分の言葉で上手に発表してくれました。

事前にトレーニングを受けていたジュニアリーダーの子供たちが、出だしを

引っ張ってくれたというのもありますが、子供ってすごいですよね!

 

このようにして、慌しくも楽しい時間はあっと言う間に終わってしまいました。

参加した子供たちと保護者の皆様に書いて頂いたアンケートでも

ほぼ全員の方が「楽しかった」「また参加したい」と言って下さいました。

そして保護者の方全員が

「子供と参加してよかった!」

と言って下さったのです。

親子参加にこだわった甲斐がありました。

きっとご自宅に帰られても、子供さんと一緒にサイエンスカフェの話を

して下さったのだろうな~と想像すると、準備の大変さなんて吹き

飛んでしまいます。

 

次回は12月20日海洋研究開発機構から研究者をお招きします。

どんなお話が聞けるのか楽しみです!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

学問・資格 教育 文化・芸術 育児