文化・芸術

『商工祭(関連イベント)で石の不思議を伝えました』

割っても割っても平行四辺形の不思議な石

2009年10月26日(月) 雨

   

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは11月24日(土)に、商工祭

関連イベント「ふらっと広場TOMATO」へ出展しました。

翌週に開催されるサイエンスアゴラ(日本科学未来館一帯で開催)

への出展もあるため、こちらの出展についてはどうするか迷ったのですが、

戸田市の皆さんと触れ合う良い機会と考え、私たちらしい出展を企画

しました。

 

私たちが用意したのは方解石(カルサイト)という鉱石でした。

メキシコの鉱山で採れた、オレンジ、グリーン、ブルーの珍しい

方解石を並べて、石の不思議を科学的に伝えたいと考えました。

方解石は、土に埋まって塊で見つかることが多いということで。

それを感じてもらえるディスプレイにしましたよ。

 

< 3色の方解石のディスプレイ >

09102450_2

 

 

 

 

皆さんも、きれいな平行四辺形の形をした方解石を見たことが

あるのではないでしょうか。

鉱石というのは、分子が規則正しく結晶となったものですが、方解石も

鉱石の一つで、衝撃を与えると平行四辺形に割れる(壁解)する性質が

あります。

 

当日は、大きな方解石の販売だけでなく、子どもたちの希望に合わせて、

少し小さい方解石を販売するため、かなづちで割ったりもしました。

割ってみると、小さなかけらまでとにかく平行四辺形!

大きかったり小さかったり、相似形の平行四辺形がきらきらと

光ってとてもきれいで、子どもからも大人からも歓声が上がりました。

子どもたちも喜んで宝物の石を選んでいましたよ。

 

< 石を選ぶ子どものお客様たち >

09102450_3

 

 

 

 

自然が作り出した鉱石の神秘を、きっと子どもたちが家に持って帰って

くれたと思います。

 

午前中には、神保市長羽富教育長にもお立ち寄り頂き、石の話や

NPOの活動についてお話をさせて頂きました。

 

NPOでものの販売をしたのは初めてでしたが、商品を通して、子どもたちや

大人たちと直接話をすることができて様々な発見があり、とても有意義でした。

この経験を、これからのサイエンスカフェサイエンスフェスティバルへも

生かしていきたいと思います。

 

大人も子どもも石が好きなんですね♪

それも一つの発見でした。

 

少し肌寒い中、関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『ジュニアサイエンスカフェや東京大学(工学系ゼミ)との連携授業の効果測定』

日本教育工学会へ行ってきました

2009年9月28日(月) 

 

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、ジュニアサイエンスカフェ

東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校との連携授業などの企画を

進め実施することで、サイエンスリテラシーの普及活動を行っています。

 

< 第4回ジュニアサイエンスカフェ >

P100002950_2

P100003350  

 

 

 

 

ジュニアサイエンスカフェも昨年10月からすでに4回開催することができ

子どもたちとお父さん、お母さんが研究者と直接出会うことで、科学の

身近さ科学的に物事を考えることの大切さを体感してもらうことが

できたように感じています。

 

次に私たちが目指すのは、これらの効果測定を行い、成果を発表

することです。

この目標に向かうため、今後私たちは、自分たちの活動に関連しそうな

様々な学会に参加しようということになりました。

今回は、東京大学本郷キャンパスで開催された、日本教育工学会

行ってきました。

 

内容は理論の発表から、実践したことの検証や結果発表まで、かなり

広範囲に渡り、発表の仕方も様々でした。

私たちはカリフォルニア大学バークレー校WISE(ワイズ)という

科学教育プログラムを開発しているElissaとミーティングをした際に、

彼女の話の中に度々出てくる「実践可能な」というキーワードに

大変共感しました。

彼女は、ハーバード大学の工学部を卒業し、その後、科学教育の

プログラム研究に興味を持ったのだそうです。

進路としてはスタンフォード大学の教育学部か、カリフォルニア大学の

教育学部か迷った末に、より実践的なプログラムを開発している

カリフォルニア大学を選んだと話してくれました。

 

今年の春には、私もカリフォルニア大学バークレー校で行われている

Elissaたちの研究室のミーティングに参加させてもらいましたが、

そのプログラムの完成度の高さに驚いただけでなく、効果測定のための

データの取り方プログラム普及の方法自体も研究されているという、

まさに「実践可能な」研究に目が覚める思いでした。

言うだけならば簡単ですが、実践し継続していくことは本当に大変なこと

です。

 

私たちのNPOでは今後も、様々な情報を集めて、実際に見て行きながら

良いものは国内外問わず取り入れ、実践して効果を測定し、その成果を

発表していきたいと考えています。

子どもたちやお父さん、お母さん、先生たちが一緒になって、好奇心を

伸ばし、生きる力を身につけられる科学教育を開発できたらと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東京大学(工学系ゼミ)と戸田東小学校の連携授業 いよいよ実現します!』

工学部の研究者に教わる科学の授業

2009年8月29日(土) 

 

NPO法人センス・オブ・ワンダーでは、研究者が疑問を論理的に

ひもといていく過程を子どもたちに見せたいと考え、研究者と

子どもたちが直接出会える機会としてジュニアサイエンスカフェ

開催しています。

同じ目的で、もう一つ昨年から温めていた企画があります。

東京大学工学部の先生と大学院生教育学部の先生と学生、

戸田東小学校の先生方、子どもたち、保護者が参加する理科の

授業を開催することです。

実現すると以下のような成果が期待できます。

 

○工学部の大学院生が研究する最先端の研究を子どもたちに

 紹介することで、子どもたちは小学校で学ぶ理科の単元

 最先端の科学につながっていることを学びます

周りの現象全てが科学であることを学びます

○疑問を整理し、論理的に考える科学的思考を学びます

 

そして、工学部だけでなく、教育学部とも連携することで、工学部の

大学院生は科学の本質を分かりやすい手段で伝える方法を学び、

その成果をデータで得ることができます。

先生方や保護者が参加することで、連携授業の効果は学校教育へも

家庭教育へも反映されることでしょう。

子どもたちを取り巻く環境すべてに影響するのです。

 

現在内容は調整中ですが、工学系ゼミ側からの提案は、11月7日(土)

学校公開日に5年生の全クラス(3クラス)で「電気」の単元についての

連携授業を行い、そのデータを分析してフィードバックし、さらに改善した

授業を12月に行います。

その際、場所は東京大学内を予定していて、子どもたちばかりでなく

保護者も参加できる形にしたいということです。

 

この企画についても色々と調整が必要でしたが、ようやくここまでたどり着き

ました。

先日、東京大学工学部航空宇宙工学専攻の院生、学部生にお会いする

機会がありました。

「全日本学生飛行ロボットコンテスト」に向けて、飛行ロボットの製作中

でした。

 

< 飛行ロボットの仕組みを聞く子どもたち >

*画像はクリックで拡大できます

09082160

 

 

 

 

一緒に行った息子たち(こうき、あきら)とジュニアリーダーのちひろくんが、

ロボットについて様々な質問をしていましたが、院生の皆さんは疑問を

整理して一つ一つ丁寧に答えてくれました。

そのやりとりだけでも、子どもたちにはとてもためになったと思います。

そして、同じような効果が連携授業には期待できます。

 

私たちのNPOはジュニアサイエンスカフェについて、科学技術振興機構

から経費を実費で支援してもらっている以外には何の資金的援助もなく、

人件費はいつもそれぞれ本業の合間を縫ってのボランティアです。

先日のサイエンスフェスティバルもそれは同じだったのですけど・・・

そして、今回企画し、計画を進めている「東京大学と戸田東小学校の連携授業」

についても、資金面では何の後ろ盾もない状況です。

打合せの人件費も交通費も全て自分たちが負担するという大変シビアな

状況です。

それでも大きな成果が期待できますし、何よりも今の私たちには実現できる

環境があるので、苦しい中もなんとか実現しようとしているのです。

うまくいけばその後戸田市全域、そしていずれは全国へと展開できるよう

私たちのノウハウを提供したいと考えています。

とにかくNPOとしての実績を積んで人件費をなんとかしなくては、せっかくの

活動も長く続かなくなってしまいますよね。

 

頑張らなくては。

全国どこを探しても実現していない企画を成功させたいと思います!

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『戸田市サイエンスフェスティバル 来年へ向けて』

子どもたちに科学の本質を伝えたい

2009年8月23日(日) 

 

戸田市サイエンスフェスティバル2009の集計結果を教育委員会

からご報告頂きました。

集計によると、来場者数は1049人だったそうです!

集計に入らなかった未就学児もいるそうなので、実際にはもっと

たくさんの方が来て下さっていたことになります。

確かに会場はものすごい人でしたから・・・

たった、2時間半のイベントで1049人とは、戸田市の皆さんの

科学への関心の高さを感じずにはいられません。

 

戸田市教育委員会羽富正晃教育長からも、センス・オブ・ワンダー

宛にお礼のお手紙を頂きました。

今回、私たちのNPOの名前はほとんど表には出なかったのですが

企画から運営までお手伝いさせて頂いたことに対して、このように

ご丁寧にお礼を頂いたことをスタッフ一同大変嬉しく思っています。

 

当日の様子は、テレビ埼玉、TBS「花まるマーケット」、JCN埼玉、

埼玉新聞、などで紹介されました。

 

<JCN埼玉で紹介された杉原厚吉先生の教室>

*画像はクリックで拡大できます

09072750

 

 

 

 

<TBS「花まるマーケット」で紹介された内田麻理香さんの教室>

090803

 

 

 

 

どちらの教室も大人気で立ち見が出るほどでした。

ただ終わってからいくつかの課題も残りました。

サイエンスフェスティバルの目標の一つは「子どもたちの学習意欲を

高める」ということでした。

私たちセンス・オブ・ワンダーは、サイエンスカフェを通して、子どもたちが

科学を学ぶことの意欲を高めるためには

○周りの不思議に気付く感性を育てること

○日常生活と科学が結びついていることを伝えること

○周りの現象について表面的ではなく本質的な説明をすること

が必要だと考えています。

今回のサイエンスフェスティバルでは、この3つができている

教室や実験講座は少なかったと感じています。

この辺りを一貫させると、科学の本質を伝えられるイベントになり

そうです。

そして科学の本質を知った子どもたちは、きっと科学を学ぶ大切さ

を実感できると思うのです。

まだまだ進化していくサイエンスフェスティバル。

来年を楽しみにしていて下さいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『戸田市サイエンスフェスティバル2009 ご報告』

戸田市に広がるセンス・オブ・ワンダー

2009年7月28日(火) 

 

終わりました~!

戸田市サイエンスフェスティバル2009。

まずは、とにかく無事に終了できて良かったです。

一緒に準備を進めてきた皆様、講師の先生方、そして参加下さった

たくさんの皆様、本当にありがとうございました。 

予想はしていたものの、1000人とは本当にすごい数でした!

 

< 会場(芦原小学校2階)の様子 >

*画像はクリックで拡大できます

09072750_2

 

 

 

 

ただでさえ多くの人であふれ返る会場でしたが、各ブースの整理券を

待って並んで下さる方々もいらっしゃって、とにかくどこも人ばかり。

きっと窮屈な思いをした方も多いのだと思います。

来年も開催するのであれば策を練らないといけません!

でも帰る方々の顔を出口でみていると、皆さんにこにこと挨拶をして下さり

少しほっとしました。

 

さて、NPOで企画運営をした杉原厚幸先生のブース。

毎回満席で子どもたちは真剣なまなざし!

 

< 無限階段の立体錯視を説明する杉原先生 >

09072750_3

 

 

 

ブースの外には、立体錯視の模型を展示しました。

写真は開場前に撮ったので人はいないですね~

この後は大変なことになりました・・・

 

< 立体錯視の模型 >

09072750_5

 

 

 

 

不思議な立体に興味津々の子どもたち。

大人も思わず足を止めていましたよ。

ここでは錯視を研究する方法を学ぶことができました。

 

さて、内田麻理香さんのブース。

ポップコーンを作りながらの実験とあって、低学年の子どもたちにも

分かりやすいと大人気!

初回から立ち見となりました。

 

< 内田麻理香さんのブース(初回) >

09072750_6

 

 

 

 

でも、8時半から準備を手伝ったNPOのジュニアリーダーの子どもたちは、

特権としてリハーサルに参加したので、事前にゆったりと麻理香先生の

講義を受けたのでした。

朝から頑張ったからこれくらいはね!

 

< リハーサルの様子 >

09072750_7

 

 

 

 

杉原先生も、麻理香さんも、3回の予定だった講義を、人の多さの

あまり4回に増やして下さり、きっとお疲れだったに違いありません。

それでも終始にこやかなお二人には本当に頭が下がります。

 

< 最後までにこやかな麻理香さん >

09072750_8

 

 

 

 

他のブースでも様々な実験があったり、体験コーナーがあったり

どこもにぎわっていました。

それぞれのブースに参加した子どもたちやお父さん、お母さんが

「家に帰ってやってみようよ!」

と話している声をきくと、このイベントを準備した甲斐があったな~と

しみじみ感じました。

 

今回のサイエンスフェスティバルには、「研究者に研究を教えてもらおう!」

いう趣旨もありました。

麻理香さんの講義の中でお話を聞いていると

「失敗から大発見があるかもしれない。」

「予想と違っても失敗じゃない。なぜか考えてみよう。」

ということを繰り返し子どもたちに伝えて下さっていました。

きっと子どもたちは「研究とは何か」ということを感じて帰ったのだと思い

ます。

 

このようになんとか無事に終了することができました。

参加した子どもたち、お父さんお母さんは、きっと身の周りの現象に

センス・オブ・ワンダー感じて下さったことでしょう。

これからの戸田市がとても楽しみです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

『いよいよ本番! 戸田市サイエンスフェスティバル』

1000人の参加者をお迎えいたします!

2009年7月27日(月) 晴れ

 

すっかり更新が滞ってしまってました・・・

7月22日には戸田東小学校PTAに私たちNPOが協力して、日食観察会

を行いました。

あいにくのお天気でしたが、JAXAから宇宙ステーションを開発されていた

三輪田真さんをお招きして日食の起こる仕組み宇宙開発のお話なども

聞きましたよ。

三輪田真さんは私たちNPO法人センス・オブ・ワンダーが開催した

第1回ジュニアサイエンスカフェゲストスピーカーとしてもお越し頂いた

研究者です。

その様子も後日UPできたらいいな~と思ってます。

 

さて、今日は戸田市サイエンスフェスティバル2009本番です! 

NPOセンス・オブ・ワンダーは主催の戸田市教育委員会に企画と

運営で協力しています。

戸田市芦原小学校が会場となり、7月27日(月)13時30分~16時00分

で開催されます。

お申込では参加者が1000人を超える予定で、忙しい1日になりそうです。

 

特にNPOではかわいい研究者の内田麻理香さんと、錯視を立体に展開する

研究をされている杉原厚吉先生をお招きして、「自由研究」がテーマの

講座企画をしました。

研究者が直接手ほどきする自由研究です!

昨日、麻理香さんから送られてきたポップコーンの実験の資料も

分かりやすくて、かわいくて、でも本物志向の素敵なものでした。

杉原先生の資料も、

「こういう手順で自由研究にできるんだ!」

と目からうろこの内容でしたよ。

お二人の資料を見ていると、春にサンフランシスコの科学館

エクスプロラトリアムで見てきた展示や説明を思い出しました。

分かりやすく、かつ本質をきちんと説明している、素晴らしい講座に

なると思います。

 

さて、それでは行ってまいります!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

学問・資格 | 教育 | 文化・芸術 | 育児